借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

皆が良い弁護士じゃない、詐欺被害や悪徳弁護士

   

借金が減るはずの債務整理、コミニケーションによるトラブル

俄には信じがたいかもしれませんが、詐欺被害や弁護士によるトラブルにより、借金がより増大するケースというのもあります。

例えば、借金が減ると聞いたので債務整理の相談に行ったものの、いかにも減額や過払いの可能性があるように伝えておいて、実際に計算してみると、全く金額が変わらなかったという場合などです。

また、任意整理の交渉が下手な弁護士に任せたために、条件があまり改善しない和解になって、負担がほとんど変化しなかったという例などもあり、いずれもコミュニケーション不足や説明不足によるものと考えられます。

このような状況でも、弁護士への報酬は発生しますので、負担が変わらないばかりか、増えてしまうこともあります。

気をつけよう、借金が減っても支払い総額が高くなるケース

また、弁護士の中には債務整理の報酬を高額に設定しているところもあります。弁護士報酬は比較的自由に決めることができ、一度にまとまった収入を得ようとする弁護士は当然存在します。

このようなところに頼んでしまうと、100万円の借金が90万円に減ったとしても、着手金・報酬金で30万円取られて、結局20万円支払総額が増えることになります。

実際、過払いが多かった時期にはこのようなトラブルはあまり目立ちませんでしたが、減額による和解の割合が増えてきた昨今、依頼者の目も厳しくなっており、不満の声が上がっています。

弁護士に手続きを依頼するときには、正確な見積もりを事前に確認し、それ以外の支払いがないのか聞いておきましょう。

債務整理、トラブルになりやすい原因

債務整理の手続きは、件数が多いこともあり、業者側がごねることはほとんどありません。むしろ、弁護士が間に入って交渉する際に、弁護士の対応のまずさからトラブルになることがあります。

破産申し立てをするときに債権者の申告漏れがあって借金の免除が難しくなったり、過払いが発生したにもかかわらず、手続きをせずに放置していたために時効が成立してしまったケースなどです。

さらに、債務整理の需要が高まってくるにつれ、弁護士や司法書士といった手続きの代理が可能な資格を持っている人だけでなく、無資格で交渉に参加しようとする業者や個人もみられます。

結局、トラブルになると損失を被るのは自分自身ですので、信頼できる依頼先を探しましょう。

詐欺行為、「非弁提携」「便利屋」って何?

詐欺行為としてよく耳にするのが、非弁提携や便利屋です。

非弁提携というのは、非弁行為、つまり、弁護士の資格を持っていないのに、違法に代理人の仕事を行う行為に弁護士が協力することです。具体的には、弁護士が非弁事務所に名義を貸し、実務を無資格者が行うというもので、知識がないためにトラブルも起こりやすいです。

また、ここでいう便利屋というのは、このような非弁行為を容認している業者で、自身が非弁事務所を運営していたり、他の事務所に債務者をあっせんして利益を出しています。これらの違法行為による債務整理は、後々トラブルになる可能性が非常に高いです。

いくら料金が安くても、相談や依頼は決してしないようにしましょう。

どうやって悪徳弁護士を見極める?

法律の素人にとっては、専門家である弁護士の説明が妥当なのか、正しいのかの見極めは難しいです。比較的簡単に判断できる方法としては、弁護士懲戒処分センターで、その弁護士に懲戒歴がないのかを確認する方法です。

懲戒というのは、弁護士が悪質な行為を行ったために処分を受けることですので、内容を確認すれば信頼できる弁護士かどうかがわかります。また、実際に相談をしたときの弁護士や事務員の対応もチェックしておきましょう。

それから、費用の見積もりがあいまいなところ、明確な報酬の規程表を見せてくれないところなども、最終的な支払額がいくらになるかわかりづらいので避けたほうがよさそうです。これらのポイントに気を付けて、よい弁護士を選びましょう。

見極める方法については下記ページにおいても執筆をしておりますので、参考にしてみてください。

債務整理の詐欺被害と悪徳弁護士を見極める方法

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 任意整理

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】