借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

任意再生から個人再生に切り替えは可能?

   

任意再生と個人再生どう違うの?

任意整理はその字の通り借金の中で自分で「これを整理したい」「これは現状のままで支払いを継続する」というものを任意で決めることができる方法です。

任意整理は債権者と債務者もしくは債務者の代理人との話し合いによって行うものとなります。一番自由度が高い債務整理の方法とも言え、毎月の返済額や返済年数も話し合いによって決定されます。

個人再生は住宅ローン以外の全ての借金を裁判所を介して借金の総額によって5分の1、もしくは100万円に減額し、原則として3年間で分割して支払って行くものです。

住宅ローンは現状のまま支払い続けなければいけませんが、家を手放す必要はないので「自宅はどうしても守りたい」という人に向いている方法となります。

任意再生と個人再生、それぞれのメリットとデメリット

任意整理のメリットはどうしても残しておきたいローン支払い中の自動車など、残しておきたいものに関しては従来通りの支払いを行って手元に残すことができる事で、デメリットは保証人がついている借入金など、高額なものであっても人に迷惑をかけないために残して置けるので借金の総額が大きく減少しないケースがあることです。

個人再生のメリットは借金の総額が大きく減少することです。借金の総額が100~500万円の時は100万円の残債、500万円以上1500万円以下の時は借金総額の5分の1など大きく借金の総額を減少させることができます。

デメリットは住宅ローンは従来通りの支払いとなりますので、住宅ローンの借金に占める割合が大きいほど、借金の減額率は低下するため大きな効果が見られないことです。

 

任意再生から個人再生への切り替え、そのメリットは?

一度任意再生を行っていたけれど残債の返済が難しくなってきたという場合には、個人再生に切り替えを行うことができます。そのメリットは借金の総額を大きく減少させることができるという点です。

任意整理では利子の引き直し計算を行って支払いすぎていた利息分だけ減額されることはありますが、元本が減少することはありませんので借りたお金はきちんと支払わなければならなくなります。しかし個人再生の場合には元本が最大で9割減額されますので、支払いの負担が大きく減少します。

そのため、任意整理を行うよりも弁済額が大きく減少する可能性があります。また、任意整理は話し合いによる解決なので話し合いを拒否するなど債権者との合意がとれない場合でも、個人再生ならば手続きによっては債権者の同意がなくても借金を減額することができます。

中には↓こちらの記事のようにギャンブルで出来た借金を個人再生した方もいらっしゃるようです。

ギャンブルの借金を個人再生

 

任意再生から個人再生へ、どのくらい費用が掛かる?

任意再生から個人再生へ切り替える場合、自分で行う場合には裁判所によって金額の違いはありますが印紙代や官報に記載するための費用などで30000円程度の費用が掛かります。さらに裁判所によっては個人再生委員が必要となりますのでその報酬として15万円ほどの費用が別途かかります。

しかし自分では個人再生の申立は出来ない、仕事が休めないので裁判所に出向くのが難しいという場合には専門家に依頼することになりますが、その場合には30~70万円ほどの費用が掛かってしまうと考えておいた方が良いでしょう。

着手金だけではなく成功報酬として個人再生の再生計画が認可された後に減額された借金の金額によってさらに費用が掛かってしまうこともあります。個人で行うなら20~30万円、専門家に依頼するなら30~70万円ほどが必要になります。

任意再生から個人再生へ、誰に相談すれば良い?

自分一人で任意整理から個人再生への手続きは難しいという場合には、司法書士か弁護士に相談を行いましょう。費用に関しては司法書士の方が安くなる傾向にありますが、注意点としては司法書士はあくまで書類を作成する代理人です。

裁判所への申立代理人にはなれないので、裁判所での手続きは自分で行わなければなりませんので平日に仕事を休むことが難しい人は司法書士に依頼するよりも、弁護士に依頼した方が良いでしょう。弁護士は申立代理人となれますので、個人再生委員との面接以外はすべてのことをお任せしておけます。

費用や裁判所への出廷など、不明な点は弁護士や司法書士の無料相談できちんと話を聞き、納得・信頼できると思ったところへ依頼するのが良いでしょう。

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 個人再生

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】