借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

闇金から催促の電話、どうすれば良い?

   

多重債務者が陥りやすい闇金の手口

消費者金融には様々な会社がありますが、大手のアコムやアイフルに関しては信用があるためにそれなりに安心して借用出来ます。しかし、地方にあるような街金はどこか借りにくい雰囲気があります。しかし、金融会社もお金をかすことが仕事であるため、様々な手口を使用してお金を貸してきます。

特に多重債務者が陥りやすい手口としては、審査を通さずにお金を貸すということです。複数の金融会社でお金を滞納していると、消費者金融ではお金を借りられなくなるケースがあります。

しかし、闇金に関してはいくらブラックリストに載っていようと、高金利でお金を貸したがります。しかし、多重債務者の場合はいくら高金利でもお金を貸してくれればよいので、借りてしまう訳です。

闇金、取立ての手口はいろいろ、その段階

闇金の取り立ては、他の金融会社とは少し違う部分があります。信頼されているような消費者金融では、催促の電話をかけて数ヶ月滞納したら、一括で借金を支払うように督促状が届きます。そして、それでも支払わない場合は特定調停を行い、意地でも支払うというケースが主流です。

一方、闇金の取り立ての手口としては、大きく分けて二つあります。まずは、普通に取り立てるということです。訪問して、借金を回収するというパターンもあれば、電話で指定口座を教えてそこに振り込ませるというパターンがあります。

次に、ジャンプという方法です。これは、どうしても支払えないという時に行う手口ですが、元金の倍額を貸し付けることによって、返済期間を延ばすという方法で、結果として返済額が増えていくだけという悪魔の手口なのです。

闇金からの催促の電話、対応する事で嫌がらせを回避

闇金でお金を借りてしまい、いくら返済しても催促の電話が鳴り止まないことがあります。また、その電話を無視し続けていると家に訪問して直接取り立てを行うようになります。これすらも無視していると、本格的に嫌がらせをしてくるようになります。

電話がかかってきたら、無視をした方がいいとう声も中にはありますが、無視し続けていると返って逆効果になりますし、家族にまで迷惑をかけてしまうことになります。ですので、少しでも電話に出て対応するということが嫌がらせを回避する方法の一つです。

支払えないということを伝えると、様々な支払える方法を紹介してくれる場合があります。例え過酷だとしても、嫌がらせを回避するには必要な方法でもあるので、電話には出た方が吉です。

闇金への不安、警察で対応してくれる?

闇金で悩んでいる人は、警察に駆け込むことがあります。あまりにも、取り立てが酷いという場合には警察も対応してくれますが、そこまで取り立てが酷くなかったり、嫌がらせをされていない場合は、対応してもらえないこともあります。

警察の言い分としては、借用したのは個人の話であり、警察が立ち入りで切る問題ではないということを伝えられるわけです。しかし、ここで暴力等の問題が入ってくると、別の犯罪になってくるので、さすがに対応してもらうことができます。

結果、闇金への不安のことを警察に相談したからと行って、必ずしも対応してくれるという訳ではなく、状況に応じて対応してもらえるということです。とはいえ、相談してみて悪い方向には行かないので、一度相談してみるのもよいです。

闇金問題の解決は弁護士に相談

闇金を解決したいと思ったら、まずは警察よりも弁護士に相談することが一番です。日本の法律では、不当な利息で貸し付けられている借金は返済しなくてもよいという法律があります。

事実、過払い金が戻ってくるのもこの理由があり、通常の利息よりも多く支払った利息を返してもらっているわけです。しかし、闇金に関してははじめから高金利で貸し付けることを条件としているため、返済の義務が発生しない訳です。

弁護士に相談することによって、闇金問題を解決することができます。不当な利息で取り立てられているということを伝えれば、調停を開く手続きを進めてくれますし、今まで返済した額の請求と、借金の残額を全て帳消しにできるため、まず相談するのは弁護士です。

闇金の電話の対処法については下記ページにも執筆しております↓

闇金から電話が来た時の対処法

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 闇金

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】