借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

パチンコがやめられない、ギャンブル依存症?

   

こんな状態が危ない、ギャンブル依存症

ギャンブル依存症になると、普段から常にギャンブルをすることで頭がいっぱいになります。具体的にどうなったら危険かというと、たとえば、ギャンブルのせいで仕事に支障が出るケースが何度もある場合です。

取引先の人と会う約束をしている人がパチンコを打ち始め、結局、約束の時間を過ぎても打つことを止めることができず、遅刻をしてしまったといったことが複数回起きると、かなり危ないです。というのは、ギャンブル依存症の特徴として、優先順位のトップに必ずギャンブルがきてしまうということが挙げられるからです。

普通の人であれば、遊びと仕事を比べたら、当然、仕事の方が大事ということになるので、二つを比べたら必ず仕事を優先します。

生活が破綻するギャンブル依存症

では、ギャンブル依存症になってしまうと、どのような生活になってしまうのでしょうか。まず、金銭面で破綻する可能性が高いです。世の中にあるすべてのギャンブルは、基本的に胴元、つまりギャンブルを運営している側が勝つようになっています。

ギャンブル依存症の人は、ギャンブルを行う回数も賭けるお金も普通の人よりずっと多くなるので、負けるスピードと金額もかなりのものになってしまい、最終的に借金でどうにもならなくなったり、あるいは会社を解雇されてしまって生活が立ち行かなくなってしまいます。

また、人付き合いも悪くなりますし、ギャンブルを優先して会う約束をすっぽかすことも出てくるので、人間関係も駄目になってしまいます。

男性だけじゃない、女性も、ギャンブル依存症

ギャンブルというと、男性がはまるイメージが強いですが、もちろん、女性でもギャンブル依存症になる人は多いです。たとえばパチンコ依存症がそうです。

パチンコの場合、場所が限られている競馬場や競輪場と比べて街中ならわりとたくさんありますし、遊び方も相当簡単なので、主婦が簡単にはまります。また、専業主婦はストレスをうまく解消できないことが珍しくありません。

男性のように職場の同僚と飲みに行ったり、女性がたくさんいる店で遊ぶということができないからです。そのため、一度、パチンコでストレスを解消することを覚えてしまうと、どっぷりと依存してしまう可能性があるのです。

夫から家計を預かっているのであれば、お金を自由に使えるので費やす金額も多額になります。

専業主婦の方でも債務整理が出来るのかどうかをまとめた記事がこちら↓になります。

専業主婦の債務整理

ギャンブル依存症になったらどうすれば良い?

では、ギャンブル依存症になってしまったらどうすればいいのでしょうか?

まず、依存症になるほどはまっている人は、一回のギャンブルで10万円以上負けることが珍しくなく、そのときは強いショックを受けて「もうやめる」と宣言することがあります。しかし、本当にやめる人はまずいません。依存症になっている場合、自分の意思だけでギャンブルをやめることはほぼ不可能と考えていいでしょう。

なので、ギャンブル依存症を扱っているメンタルクリニックへ行って診察を受けることがやめる第一歩になります。また、病院に行くと互助会を紹介してくれることが多いです。ギャンブル依存症になってしまった患者が集まって、自分の体験などを話すことで、みんなで励まし合いながらギャンブルをやめることを目指すグループです。

ギャンブル依存症は病気、家族も治療に協力を

身内にギャンブル依存症になってしまった人が出たら、家族も治療に協力しましょう。よく言われることですが、ギャンブル依存症になってしまう人の家族には、悪い意味でその人を助けてしまう人間がいるケースが多いです。

たとえば、身内がギャンブル依存症になって借金に追われている場合、なぜギャンブルにはまったのかということを考えることもなく、借金を代わりに返してしまうのです。

この場合、依存症の人は一時的に謝ったり、感謝して「もうギャンブルはしません」と言うかもしれませんが、根本的な原因が解決されていないので、まだ借金をして再開してしまいます。

なので、本当に助けたいと思ったら、メンタルクリニックや互助会に行って、ギャンブル依存症に対しての知識をしっかりとつけてサポートするようにしましょう。

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 債務整理全般

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】