借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

借金まみれ、家族も無くすギャンブル依存症

   

ギャンブル依存症は心の病気

ギャンブル依存症という言葉があるのをご存知でしょうか。平たく言えば、パチンコや競馬などのギャンブルをせずにいられなくなる状態なのですが、多くの人からはそんなものが我慢できないはずがない、甘えだと認識されてしまいます。

しかし、ギャンブル依存症というのはれっきとした病気であり、メンタル関係のクリニックでカウンセリングを受けたり、薬を投与してきちんと治療していかなければなりません。

この病気は、発症してから早めに受診することで回復しやすく、逆にいつまでも甘えだと判断して放置しておくと、なかなか回復しなくなります。挙動不審になったり、嘘をついてでもギャンブルをしようとしたり、禁断症状が出るようになると危険です。

借金や犯罪を産み出す事もあるギャンブル依存症

ギャンブル依存症自体は、賭け事をしたくなる衝動なので周囲に迷惑をかけないように見えます。

しかし、ギャンブルのための資金は無限にあるわけではなく、手持ちの現金がなくなった時に借金を繰り返したり、中には窃盗などの犯罪に手を染めることもあります。

常識で考えると異常ですが、依存症にかかっている人はギャンブルをするためならばモラルというハードルも無きに等しい状態ですので、最終的には家族にも迷惑がかかるのです。

大の大人を完全に管理することは難しいですし、依存症の人は嘘をついてでもなんとか現金を手に入れてギャンブルをしようとしますので、周囲が気が付いたときには手がほどこせないほどの状態になることもあり得ますす。

鬱から自殺に繋がる事もあるギャンブル依存症

ギャンブル依存症になる人の多くは、借金をして資金を手にします。犯罪を犯すよりはリスクが少なく、誰でも現金を手に入れられるからです。

しかし、今度は借金が増えて返せなくなっていきますので、それがストレスになり、ギャンブルが思うようにできない不満も重なってうつ病にまで発展していきます。

実際、借金がある人はない人と比べてうつ病になりやすいという調査結果も出ており、ストレスのある状態というのは精神的な負荷もかなり大きいことがわかります。

うつ病が酷くなると自殺に発展する恐れもありますし、精神的に不安定になっているときには、ストレスの原因をできるだけ取り除くにこしたことはありません。借金が原因の時は、早めに専門家に相談しましょう。

ギャンブル依存症から多重債務者へ、そして家族崩壊

ギャンブル依存症になった人の行動は、大体同じようなルートとたどります。最初は軽い気持ちで遊んでいるものが、徐々に本気でのめり込むようになります。

それと同時に、賭け金もより強い刺激を求めるにしたがって、どんどん金額が高くなっていきます。結果、自分の収入や蓄えでは足りず、目的不問のキャッシングから借り入れをするようになります。

一社で限度額いっぱいになると、次の業者で新たに借り入れを繰り返し、最終的には多重債務者になります。そして、疲れ切った家族は借金といくら頼んでもギャンブルを止めようとしない相手に愛想を尽かし、離れていって家庭崩壊することになるのです。

このようなケースは非常に多く、早めの対処が必要です。

ギャンブル依存症、人生を無駄にしないように治療を

ギャンブル依存症になった時点で、自力で回復して元の状態を取り戻すことは非常に困難です。中には、強い意志で克服する人もいるのですが、そんな例は非常に少ないので、早めに精神科の専門医に相談し、治療を行いましょう。

治療は主に、カウンセリングと投薬を行い、家族が患者のお金を管理して必要以上に持たせないようにしたり、パチンコの広告など、きっかけになるものを見せないなどサポートします。

中には、一定期間入院して規則正しい生活をしたり、ギャンブルが無益なものであること、はまり込むと恐ろしいものであることを理解するためのセミナーに参加するなどの治療も見られます。長い人生を無駄にしないためにも、このような対処も検討する必要があります。

ギャンブル依存症の見分け方について下記ページで詳しく執筆しております

ギャンブル依存症の見分け方

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 借金ができるまで

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】