借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

自己破産で闇金の借金は無くなる?

   

借金が無くなる自己破産、そのメリットとデメリットは?

自己破産というのは裁判所に申し立てる債務整理手続きの一つです。メリットは、何といっても借金がほぼすべて消えるという点です。

税金や慰謝料などの借金とは性質が異なるものはそのまま残りますが、借金であればキャッシングやカードローン、ショッピングの未払い、住宅ローンや教育ローンなどもすべて免除されます。第三者の保証人になっている場合、保証債務もなくなります。

一方、その代わりに100万円分の財産を残し、高額な財産はすべて失います。支払いが残るものは引き揚げられますし、今後7年間は自己破産ができず、当分の間借り入れやローンも利用できません。

保険外交員や銀行員、医師などの一部の職業の人は、免責決定が出るかで仕事もできなくなります。

闇金は正規化資金業者?それとも違法?

闇金というのは、貸金業者の一種として考えられがちですが、実際には違法な業者です。

中には貸金業登録をしている業者もいますが、設定している金利が法律で定められている年15~20%という利率の上限を大きく逸脱していますし、取り立て方法も法律による制限を超えて、悪質な恫喝や相手が参るほどの頻繁な電話連絡、関係者への無差別な請求などを行います。

そのため、たとえ貸金業登録をされていても、闇金は法律的には正規の金融業者とはみなされません。むしろ犯罪者ですので、異常を感じた時には弁護士や警察に相談をし、できるだけ直接かかわらないようにすることが大切です。

借金をするときにも、きちんとした業者か事前に確認しましょう。

闇金が最も恐れるのは何?

闇金は非常に厳しい悪質な取り立てを行い、向かうところ敵なしのように見えます。しかし、しょせんは違法業者ですので、警察に逮捕されることは恐れています。

支払い義務がないと主張しても頻繁に連絡をしてくる闇金もいますが、弁護士に対応してもらったり、警察に相談した後はぴたりと連絡が途絶えることも珍しくありません。

したがって、相手が闇金だと気が付いたときには、それ以上の借り入れや返済をせずに早めに弁護士のところに相談に行くのがベストです。相談料はかかりますが、警察への相談も弁護士に同行してもらうと話がスムーズに進みます。

現在の借入等については、弁護士が闇金と交渉してどうするか話し合いますので、恫喝される恐怖感もありません。

闇金の借金は自己は線ができないわけ

自己破産をすると、闇金の借金もなくなるのではないかと考える人もいますが、元々違法な業者ですので、自己破産したといってもそれとは無関係に相手が支払うまで強引な取り立てを続けます。

したがって、闇金場仮から借り入れをしている場合には、自己破産をするのではなく弁護士に相談して任意整理として進め、警察にも相談するというのがベストな選択です。

一般の金融業者と闇金から借り入れをしているときには、正規の業者の借金は自己破産、闇金分は任意整理と切り離して手続きをしてもらう必要があります。

そもそも、闇金からの借金については自己破産するまでもなく支払い義務がありませんので、法的手続きを取ろうが撮るまいが関係はないのです。

闇金から借りたら専門家に相談を

闇金からの借金がある場合、利用していて闇金ではないかと思い始めた場合には、まず専門家に相談しましょう。ほとんどの場合、闇金に対しては弁護士が対応していますが、中には債務整理をする司法書士で闇金相談も受け付けているところがあります。

また、法律家が定期的に開催している無料相談会でも闇金の相談を受け付けてくれます。闇金からの借金は一日単位で法外な利息が付いていきますので、放置しておくと取り返しがつかないことになります。

時には、訴訟をして合法的に差し押さえをしてくることもありますので、闇金だと気が付いた時点で早めに相談をする必要があります。

警察の場合は、闇金逮捕のために動くことはあっても借金の整理まではしてくれませんし、順番から言っても専門家からがおすすめです。

下記記事でも同様の内容について執筆しておりますので、参考にしてみてください↓

闇金の借金は自己破産できるのか

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 闇金

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】