借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

任意整理の異動情報、何の意味?ブラックリストの事?

   

借金を減らす任意整理、でも5年はお金が借りれない

任意整理というのは現在では支払いができないことを債権者に告げて、毎月の支払いの負担を少なくしてもらう任意の交渉です。

取引が古い場合には、利息の引き直し計算をすることで減額になることも多く、訴訟をするまでもないケースにおいては、早々に決着がつくこちらの方法を好んで用いられています。

任意整理をすることで毎月の支払いは減額されますが、交渉をしたことは信用情報に記載されるため新たな借り入れはもちろん、現在契約している業者からの追加借り入れもできなくなります。

その代り、基本的には利息をつけずに分割弁済することに応じてもらえますので、当面ローンを利用しなくても生活できるという自信があれば利用する価値のある手続きです。

異動情報、審査が降りないって事?

異動情報というのは事故情報とも言い、信用情報機関に貸し倒れや長期間の滞納、債務整理などの経歴が記載されることです。

その債務者が支払いをきちんと行うのが困難な人物であるという情報には違いありませんので、一般的に言われるブラックリストに近いものと考えて良いでしょう。この異動情報を書き込まれると、登録している金融機関や信販系、消費者金融系など多くの融資元の目に触れることになります。

そのため、こちらで情報をチェックしている銀行や業者からは審査が降りず、借り入れをしづらくなるでしょう。ただし、信用情報機関は国内で3つあり、登録していない業者の目には触れることがありませんので、時には審査が降りることもあります。

過払い金の請求でも異動情報になるの?

過払い金の請求に関しては、多少の取り扱いの違いがあるものの、専門家から受任通知が届いた時点で弁護士、または司法書士の介入ありという記載が表示されます。そして、和解成立した後は、過払い金の振り込み、解約手続きとなりますので、記録は消去されます。

信用情報に記載されているのは現在契約が継続しているものだけですので、例えば完済後に過払い請求をした場合には、それに関する記載は信用情報には一切表示されません。

自分自身で履歴を取り寄せた場合には、受任通知の到達日ではなく、交渉を開始してから和解するまでの期間に異動情報が掲載されます。異動情報をのせたくなければ、一度完済してから過払い請求をするのがおすすめです。

異動情報になるとどんな事が起きるの?

異動情報になると、該当する人物が借金の返済に困っているという事情が銀行や消費者金融系などに周知されます。そして、この情報は過払い金請求などの一部の例を除いては、5~7年近く消されませんので、この期間は新たな借金やローンの利用はほぼ不可能になります。

債務整理をしてから数年後に車を購入しようとしたところ、カーローンが通らなかったというケースなどが考えられます。そこで、このような場合には異動情報の記載のない家族の名義で車を購入したり、ローンを組むなどして必要なものを調達するか、現金を貯めてローンを使わずに乗り切るしかできなくなります。

やはり、理想は返済が減った分手元に蓄えを増やしておくという方法です。

任意整理、専門家に相談してから

任意整理をするときには、とにかく借金から逃れるためにあまり深く考えずに手続きをする人も多いです。

しかし、近い将来車の買い替えを控えていたり、子供の進学が近いので、ローンを組むことがわかりきっているなどの事情がある場合には、他の手続きを考慮することも必要です。

このような判断は故人ではなかなか難しいため、弁護士や司法書士といった様々な債務整理の手段を熟知しているプロに依頼することをお勧めします。これらの手続きはやり直しがきかないものがほとんどですし、多角的な方向から判断しなければ、自分にとってベストな方法が見つかりにくいという事もあります。

自分で手続きをするより費用はかかりますが、面倒な手間が省け、自分にとって最良の方法が見つかります。

こちらでは画像つきで異動情報について執筆しております↓

任意整理の異動情報とは?

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 任意整理

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】