借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

怖い闇金の取立て、家まで来る?こない?

   

違法金融、闇金その手口は?

法律で定められている金利よりも高い利率でお金を融資する闇金ですが、客へのアプローチ方法は様々です。一般的によく使われるのは新聞や雑誌、あるいは街中に立っている電柱に広告を出したり、家のポストにチラシを入れるという方法です。

それらを見た人がコンタクトを取ってきたら、個人情報を聞き出し、免許証など身分証明書のコピーを送らせてあと、口座にお金を振り込みます。

また、名簿業者などから多重債務者や自営業者のリストを入手し、電話で勧誘を行うという方法を取ることもあります。過激な業者は、名前、住所、電話番号のほかに銀行口座情報を入手して、頼みもしないのにお金を入金し、高額な利子をつけて返済しろと迫ることも珍しくありません。これは押し貸しと呼ばれる方法です。

闇金の借金、法的には返さなくて良い?

では、闇金からお金を借りてしまい、法外な利息をつけて返すように言われた場合、業者の言うとおりにしないといけないのでしょうか。実は、返済しなくてもいいのです。なぜかというと、法律に違反した利率での債務は、返済の義務がないからです。

ただ、だからと言って督促の電話をかけてきた闇金業者に対し、「あなたの会社は法律に違反してお金を貸しつけているので、私は返すつもりはない」と言っても、「わかりました」と引き下がることはまずありません。

闇金業者は法律のことをわかっていないがら違法な貸しつけを行っているので、法律違反だと言われることになんの戸惑いもないからです。

もちろん、業者が警察に摘発された場合は、彼らが刑務所から出てきて再度取り立てることはありませんし、返す必要もありません。

電話の取立て、脅し、どこまで取り立てに来る?

闇金業者が客から法外な利息を取ることができるのは、取り立てが激しいからです。たとえば、債務者本人が怖くなって携帯電話の電源を切ったとしても、親や兄弟、あるいは勤務先に闇金業者は電話をかけてきます。債務者はその取り立てからなんとか逃れようとお金を作って返済するので、闇金業者は高い回収率を誇るのです。

では、債務者の家にやって来ることがあるかというと、闇金業者のスタイルにもよりますがほとんどないと言っていいでしょう。というのは、家に行ったら警察が待ち構えていたということがあり得るからです。

警察に摘発されてしまったらすべてが終わってしまうので、闇金業者はリスクをできるだけ少なくするように、電話での取り立てを中心に行います。

闇金の取立て警察は守ってくれる?

では、闇金業者から電話で激しい取り立てを受けた場合、そのことを警察に伝えたら、警察は守ってくれるでしょうか。これは残念ながら、必ず守ってくれるとは言い切れません。

というのは、債務者が警察に駆け込んでも、闇金業者から違法な金利でお金を借りたという証拠が存在しないので、法律に違反しているかどうかを警察がすぐに判断できないためです。

なので、警察に行く場合は、闇金業者からかかってきた電話の内容をICレコーダーで録音し、それを持っていくなど、証拠を揃えておくようにしましょう。そうすれば警察は動きやすいですし、単なる電話での警告だけではなく、摘発に動いてくれる可能性もあります。

また、最初に弁護士に相談して、弁護士と一緒に警察に行くと本腰を入れてもらいやすいです。

闇金業者には専門家の口ぞえで対抗

では、もっとも理想的な闇金業者への対抗手段はどのようなものになるのでしょうか。やはり、弁護士に相談することがもっともいいでしょう。警察が介入しなくても、弁護士がすべて解決してくれることも充分あります。

というのは、闇金業者は訴えられる、警察に被害届を出されるといったことは避けたいので、法律の専門家が乗り出してきた場合は、すんなりと言うことを聞く、あるいは厳しい取り立てをやめることが多いからです。

弁護士にも得意なこと、不得意なことがあるので、あくまでも闇金業者に受けた被害回復をアピールしている弁護士にコンタクトを取るというのがポイントです。

どの弁護士に相談すればいいのかわからない場合は、闇金被害の電話相談を利用してアドバイスを受けましょう。

闇金からだけはお金を借りないようにするのが一番のようです。下記記事も参考に下さい。

闇金の取り立てが家までくる事はあるのか

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 闇金

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】