借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

死んでも借金はなくならない、その前に債務整理を

   

借金を残して死ぬという事

借金が増えすぎて、自分がいると人に迷惑がかかる、いっそ自分などは死んでしまってもいいと思う人は少なくありません。中には、自ら命を絶つ人もいるほどですしかし、債権者側としては、本人が亡くなったからと言って貸していたお金が戻ってこないのは不条理です。

そこで、結局残された遺族に請求をすることになり、本人が亡くなった後も借金の苦労はその周囲の人にかかってくるのです。借金を苦にして自殺するというのはもちろん論外ですが、人間、いつどこで何が起こるかわかりません。

不慮の事故や病気などで命を落としたときに、周囲に迷惑をかけないようにするためにも、借金問題はできるだけスピーディーに解決させておく必要があります。

残された家族、だれが返済するのか?その手続きは?

仮に借金をしていた人が亡くなった場合、返済を迫られるのは法定相続人です。配偶者や子供が主にその対象になりますが、場合によっては親兄弟や甥姪にまで類が及ぶこともあるため、注意が必要です。

誰も相続放棄をしなかった場合、債権者が調査して相続人を見つけ出し、故人の借金を相続しているので返済してほしいという連絡をしてきます。

支払う意思があれば業者と交渉して返済しますが、無関係の借金を背負いたくない場合には、相続を知った日から3ヶ月以内であれば相続放棄の手続きができます。これは、裁判所に申立書を作成し、戸籍などの資料と一緒に提出します。

相続放棄をすると、その人は最初から相続人出なかったことになり、次の相続人に請求が行きます。

借金を減らす、無くす事ができる債務整理

このように、死後も周囲に迷惑をかけたくないと思うのであれば、借金を減らしたりなくせる債務整理手続きも考えておきましょう。

住宅ローンなどは団体信用生命保険がついており、本人が死亡したら自動的に残りのローンは保険金として支払われますが、キャッシングやカードローンなどはこのような保証がありません。そこで、自己破産で借金を免除するか、個人再生で借入額を減らしてもらうという方法を早めにとっておくわけです。

借入期間が長い場合は、利息の引き直しをすると過払いになっていたり残額が減っていたりする可能性が高いため、一度任意整理という形で取引履歴の全開示を請求してもよいでしょう。自分でやり方がわからなければ、弁護士や司法書士が代行してくれます。

違法な借金、闇金の場合はどうする?

正規の業者であれば、裁判所での法的手続きや任意整理で解決できます。しかし、違法業者である闇金の場合、これらの手続きをすることができません。闇金は、自己破産なども関係なく融資や請求をしますが、逆に言えば違法業者なので返済義務もない借金ともいえます。

ただ、悪質な業者は返済義務がないと伝えても強引に払わせようとしてくることも多く、弁護士や警察に相談するのが無難です。弁護士は業者に直接連絡を取り、返済義務がないことを伝えて相手に了承させたうえで、警察にも同行してくれます。

中には、悪質な業者との遺恨を残さないために借りた金額だけは返済するケースもありますが、違法金利による高額な支払いはする必要がありません。

とにかく専門家に一度相談を

借金を背負っていると、ストレスが溜まりやすくうつ病になったり、仕事がおろそかになったり、不注意による事故が増えたりしていいことがありません。頑張って働いて返済をするのも良いですが、多重債務者になったらとにかく一度弁護士か司法書士に相談しましょう。

どちらも一通りの法的手続きや任意整理を行うことができますが、弁護士は全権代理、司法書士は書類作成のみの代理という違いがあります。また、闇金相手ならば弁護士の方が対抗手段を多く持っている反面、手続きに関しては司法書士は報酬が安くなっているなどそれぞれに特徴がありますので、自分の借金の額や内容などで決めるのもよいでしょう。

相談だけで終了もできますし、一度予約をお勧めします。

借金で困って死を考えている方。まずはこちら↓の記事を読んで下さい。早まってはいけません。

借金で死にたいあなたへ

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 債務整理全般

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】