借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

クレジット機能付きのauウォレット、任意整理後でも使える?

   

借金が減る任意整理、クレジット機能を持っているカードには気をつけて

任意整理を行うと、借金を減額することができるため毎月の支払額もそれに合わせて減額されるので生活が楽になるという大きなメリットがあります。

しかし任意整理を行うと契約通りにお金を払えなかった人であると判断されてしまうため、それ以降はクレジット機能がついているカードは利用できなくなってしまいます。

それは任意整理を行ったのがキャッシングのみ、ショッピングのみでも同様で、任意整理を行った後は全ての買い物を現金で支払わなければならなくなると考えておいた方が良いでしょう。

任意整理を行わなかったカードの期限が切れ、次の更新時期がやってくるまでは任意整理後も使い続けることができる可能性はありますが、100%確実ではありません。

任意整理をするとブラックになる?

「任意整理を行うとブラックになる」と言われていますが、実際にはリストに掲載されるというようなものではなく「任意整理を行った」という記録が個人の信用情報に記載されることです。

クレジットカードを新たに作成したり、商品を現金ではなく分割で購入しようとした場合に「この人はきちんと支払いが出来ているのかどうか」をチェックするために申し込みを受けた会社は個人信用情報を確認します。

その時に認整理を行ったという記録があれば「今申し込みを受けている商品も支払いをきちんと終えられるかどうか怪しい」と判断されてしまいクレジットカードの発行ができなくなってしまったり、分割での申し込みが通らなくなってしまいます。

これらを総称して「ブラックになった」と言われています。

任意整理、クレジットカードは作れない?

クレジットカードでの購入は信用払いです。先に商品を購入したりサービスを受けておいて、その代金を後から支払うという形になるもののため、実際に商品を購入したりサービスを受けた時には1円もお金を支払っていません。

これはクレジットカードの申し込みの時に「このくらいの金額までならば年収から考えても先に商品の購入やサービスを受けても返済は滞りなく行われるだろう」という判断でクレジットカードが作られます。

任意整理を行ったということは支払いを行わなければいけないものがあったにも関わらず、その代金を支払えなかったという証拠になります。これでは「後できちんと払ってくれるだろう」と信用してクレジットカードを作る会社はないと言えます。

任意整理、auウォーレットだったら大丈夫?

任意整理を行った後、auウォーレットならば作ることは可能です。

auウォーレットの特徴は、見た目はクレジットカードと良く似ていますし、世界中のマスターカード加盟店で利用することはできますが、クレジットカードのような「信用払い」ではなく、コンビニなどでカードにお金をチャージして、それを使うというプリペイドカードです。

現金を持ち歩かなくてもauウォーレットの残高以内ならば買い物をしたりサービスを受けることは可能になります。しかしこれはクレジット機能がついていないauウォーレットの場合です。

クレジットカード付きのauウォーレットは任意整理を行う前に作成したものは利用できなくなりますし、任意整理後には作成しても審査で落とされてしまいます。

auウォーレットカードどうやって作る?

auウォーレットの申し込み方法は簡単で、Webサイトやスマホから行うことができます。auのスマホを持っている場合にはアプリから申し込みを行います。auウォーレットに記載される自分の名前をローマ字で入力し、発送先の住所を確認して申し込みを行うと1週間~2週間ほどで手元に届きます。

パソコンの場合もauのサイトから申し込みを行いますが、スマホ同様に自分の名前をローマ字で記載して発送先の確認が必要になります。注意点としてはauウォーレットカードはauやauひかりなど、KDDI回線の申し込み名義が個人名の人のみが申し込みできます。

au携帯電話などの利用料金に応じて貰えるポイントを電子マネーとして使えるようになるというもののため、au以外のキャリアの人は申し込みを行うことができません。

下記ページでもauウォレットについて執筆しておりますので参考にしていただければと思います。

任意整理後でもauウォレットは持てる?

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 任意整理

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】