借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

債務整理をしても奨学金をもらえる?

   

国が行っている教育ローンとは?

奨学金というのは、日本学生支援機構が行っている教育費のための融資です。

一方、国が行っている教育ローンというのは日本政策金融公庫が取り扱っている教育ローンです。生徒一人当たりにつき350万円を限度とした融資を行い、その使い道は入学金や授業料、アパート等の家賃や敷金、教材の購入費など、学生が一人暮らしをして授業を受ける貯めに必要な資金全般に使えるようになっています。

金利は毎年その年の景気等を勘案して決まりますが、一般的には奨学金よりも利率は高めになっているものの、民間の消費者金融等で行われるローンに比べるとかなりの低金利です。また、融資が早いので奨学金では間に合わない費用負担にも間に合わせられます。

奨学金を受けるための条件

奨学金は低金利で受けられる学費用の融資ですが、受けるためにはいくつかの条件をクリアする必要があります。

まず、奨学金を申し込む世帯の収入には上限が設けられているほか、進学する子供の学業の成績もある程度必要です。そして、しっかりした身元で安定した収入のある保証人をつけなければなりません。

奨学金制度は日本学生支援機構以外にもいくつかの団体で見られますが、中には学生が資格を持っているか、親や家族がどこの学校を出ているか、学生の出身校はどこか、被災したことがあるのかなどもチェックされます。

これらは奨学金制度のある団体ごとに内容や基準が異なっており、事前に情報収集をしてから申し込みをすることをお勧めします。

債務整理をしても奨学金も申請は出来る?

奨学金というのは、学生本人が主債務者となって申し込むものです。国の教育ローンが親を対象として融資を行うのに対し、奨学金は子供に融資を行い、親は保証人として名前を記入するだけです。したがって、返済も子供が大学を卒業してからスタートすることになっており、学生自身で返していきます。

親が債務整理をした場合、奨学金は子供が申請するので問題はありません。ただし、保証人の支払い能力も当然審査され、過去に債務整理の経験がある場合には融資を受けられない可能性が高いです。

配偶者や親族などの経済的に安定している人物に保証人になってもらい、子供が申請する場合には、特に問題がなければ奨学金を受け取ることができるようになります。

債務整理後のローン申請は、申込者による?

奨学金では間に合わない部分をローンで申し込む人がいますが、こちらは親が申し込まなければなりません。

債務整理をした後、数年間は信用情報に債務整理の事実が記載されるため、どこでもローンを利用することができません。しかし、数年後には記録が消されることが多いため、問題なく融資を受けられるようになります。

ここで気をつけたいのが、申込者の収入や過去の借入履歴です。債権者側に負担を強いる債務整理をしたことは、実際に損害を受けた債権者にとっては数年程度で消去できる事情ではありません。

そのため、債務整理で損失を負わせた業者の場合は、二度と借りられないか、非常に審査が厳しくなることがほとんどです。よほど安定した収入がなければ申請はかなり難しいでしょう。

債務整理後でも教育ローンは別扱い?

債務整理をするときに、教育ローンは子供のためのものだから、できるだけそのまま払いたいと考える人は多いです。まず、奨学金は子供のローンなので、債務整理の時には関係ありません。

自分が主債務者となって借り入れをする場合には、任意整理であれば自分が減額してほしいローンについてだけ交渉すればよいので、教育ローンはそのまま払い続ければ問題ありません。

自己破産や個人再生をするときは、借金の全てを裁判所に届け出て、どの債権者にも均等に処理していく必要があるため、事前に保証人の名義を変えたり、主債務者を変更してもらうなどの対処をしておく必要があります。

ただし、これを素人が勝手にすると裁判所の心証が悪くなるため、きちんと専門家に相談しましょう。

こちら↓は奨学金を借りて、その後返すときになって困った場合についての記事です。

奨学金が払えない時の対策と破産前の選択肢

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 債務整理全般

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】