借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

三菱UFJニコス、過払い金の返還率が高い?

   

三菱UFJニコス、クレジットカードとしての特徴は?

三菱UFJニコスは、日本信販が前身となっており、古くから取引のある債務者も意外と多いです。クレジットカードとしては老舗の部類に入るので使い勝手の良さやシステムなどがきちんと考えられており、初めてカードを発行する人がこちらの会社を選ぶことも少なくありません。

レギュラーカードは年会費無料、ゴールドカードでも年会費が2000円を切っていながら、サービスの質が高いこともあり、コストパフォーマンスの高さで人気があります。大手の会社なので提携先のatmも種類豊富で、国内の主要都市だけでなく、地方も含めて全国で利用されています。レギュラーカードでも海外の旅行傷害保険がついており、外国でも安心して利用できます。

三菱UFJニコス、キャッシングしたら利率は幾ら?

三菱UFJニコスのクレジットカードは、キャッシング機能付きのものも用意されています。キャッシング利用分の利率は利息制限法の上限金利よりやや低めになっており、年15~18%をわずかに切っているくらいです。

借入利率としては大手の消費者金融よりも高いと感じることもあるかもしれませんが、既にクレジットカードを持っているので面倒な申し込み手続きや審査を経ることなく、すぐに現金が用意できるという利便性が魅力です。

旅行先で現金がなく、カードも使えないというときでも、すぐに手元に現金を準備できて旅行や出張などが多い人におすすめです。ちなみに、リボルビング払いを利用するときは、レギュラーカードよりもゴールドカードの方が若干利率が低いです。

三菱UFJニコス、過払い請求請求の仕方は?

三菱UFJニコスも、改正貸金業法が施行されるまでは出資法に基づく高利で融資を行っていた時期がありました。したがって、長期的に借り入れと返済を繰り返している人は、過払い金が発生している可能性が十分にあります。

過払い金請求をするときには、三菱UFJニコス宛に過去の取引履歴を請求し、それをもとに交渉するという流れになります。多くの業者は履歴のみで引き直しまではしませんが、こちらはきちんと引き直した履歴を送ってきて、カードが複数枚あるときはカードごとに過払い額が表示されています。

個人で履歴の取り寄せをた場合でも引き直し済みの書類を届けてくれる良心的な業者ですので、すぐに交渉に入ることができて便利です。

三菱UFJニコス、過払い請求はどのくらいで返ってくる?

三菱UFJニコスに過払い請求をした場合、任意での交渉と訴訟では取り戻せる金額が異なります。任意の交渉では過払い額のおよそ9割程度が限界ですが、訴訟をすると過払い額満額、時には利息がプラスされることもあります。

交渉や訴訟提起をしてから実際に振り込まれるまでの期間は、任意の交渉で4か月程度、訴訟だと4~6か月程度かかります。但し、これは交渉がスムーズにいったときの話で、何とか少しでも多く回収しようと粘っていると、交渉自体がなかなかまとまらずに長期化します。

また、専門家がついていると比較的早く話が進みますが、個人相手ではやや条件の悪い内容で和解しようとしますので、もう少し減額されたり、振込日が先延ばしになります。

三菱UFJニコス、過払い金の請求、自分で出来る?それとも専門家に頼んだほうが良い?

三菱UFJニコスは、履歴の引き直しを業者側でやってくれるため個人でも交渉しやすいです。その代り、専門家が対応するときと個人で対応するときでは、和解の条件基準に若干違いが見られますので、過払い額が高いときには専門家に依頼したほうが安心です。

専門家に依頼すると、着手金は無料か定額、報酬が得た経済的利益に所定の割合を乗じたものになりますので、高額の取り戻しならばかえって手間を省いて得られる金額が増える可能性もあります。

まずは自分で挑戦してみて、あまりにも条件の悪い内容しか提示してこないときには専門家に代理を依頼するというのもよいでしょう。任意交渉ならば空き時間を利用して行えますが、訴訟となると専門家に任せた方がスピーディーです。

下記記事では請求額の実例なども交えて執筆しております

三菱UFJニコスの過払い金請求返還率と回収期間【2017年】

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 過払い金

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】