借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

債務整理をするか?返済をするか?その見極めは?

   

カードローンの自転車操業、多重債務に住宅ローン、債務整理した方が良い?

借金といっても、カードローンやキャッシングといった無担保の小口融資、住宅ローンやマイカーローンといった有担保の大口融資、クレジットカードのショッピング枠の利用などいろいろな種類があります。

ほとんどの債務者は、あちこちの業者から借り入れをしている多重債務者であり、返済のために借り入れをする状況であるため、限度額いっぱいまで借り入れが膨らむともう返すことができません。

このような場合、債務整理をするべきかどうかは、その人の考えや今後の収入の見通し、職業、持ち家の有無など様々なポイントから判断します。自分で判断が難しいケースがほとんどですので、できれば弁護士や司法書士などの専門家に相談に行きましょう。

債務整理をする前に確認する事

債務整理をする前に、どのような手続きがあるのかを確認しておきましょう。例えば、自己破産は借金が全額免除になるものの、財産をほぼ失うので車や家などを所有しているとリスクが大きいです。

住宅ローンがある人は、ローンをそのまま払い続ければ、その他の借金を減額できる個人再生がおすすめですが、住宅ローン以外に最低100万円は返済しなければなりません。

任意整理は当事者間での話し合いのため、交渉が決裂したら解決しないというリスクはありますが、支払額を安くしたり、利息を下げてもらえることもあるため、業者によっては有効な手段です。このように、どの方法が自分にとってベストなのかは、債務者を取り巻く状況によって異なります。

住宅ローン返済については下記記事が参考になるかと思います。

任意売却とは住宅ローン返済ができない場合の解決方法

債務整理のメリットとデメリット、そしてそのリスク

債務整理のメリットは、何といっても今の支払い状況よりも負担が軽くなることです。借金の免除や減額などにより、新たに生活を立て直すことができるため、支払いができなくなったときは検討すべきです。

一方、手続きをするにも手間がかかりますし、申立て実費のほかに、専門家への報酬も発生します。時には、管財人の報酬として数十万~100万円単位の予納金を納めなければならないこともあります。

さらに、債務整理をするとその内容は信用情報に記載され、いわゆるブラックリストとして取り扱われます。そのため、手続きをしてから数年間は新たな借金やローンを組むことができなくなり、すべて現金で払わなければなりません。これらを考慮して手続するかどうかを考えましょう。

債務整理をすると借金が楽になる?

債務整理をすると、借金が必ず楽になるかというと、そうは限りません。例えば、自己破産は借り入れ理由に問題があったり前回の破産申し立てから間がないときなどは、免除してもらえないので状況が変わりません。

個人再生は、住宅ローンのある家は守れますが、完済した住宅には適用されず、差し押さえのリスクは依然残ります。また、100万円以下の借り入れでは、手続きをしても減額になりません。

任意整理は、引き直し計算で減額や過払いになればよいですが、特に残高が変わらないのならば、報酬を払って依頼しなくても自分で交渉するという方法もあります。自分の状況で手続きをしてメリットが得られるのか、きちんと専門家に相談しておきましょう。

債務整理を数字で表してもらうには?

どの債務整理が一番自分に向いているのかがわかりにくいときは、比較しやすいように数字で表してもらうと便利です。

例えば、現在の借入残高が自己破産だと0になり、個人再生だと借入総額の20%か100万円のいずれか大きい額になります。任意整理は正確に引き直しをする必要がありますが、その結果を見てからどの手続きをするか決めることもできます。

相談の時にはきちんとした履歴が手元にありませんし、数字で比較するのは困難です。しかし、手続きを依頼することが決まっているのならば、方針は保留にして引き直しをしたうえで、手続き費用も含めていくらの支出になるのかを見てから検討するのがおすすめです。

手続き費用も方針によって異なるため、見積もりを依頼しておきましょう。

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 債務整理全般

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】