借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

債務整理、急がないと時効がある?

   

債務整理に対する大きな誤解、すべてをなくすわけじゃない

今ある借金の負担を軽くする債務整理について、誤解している人も少なくありません。まず、債務整理の中でも借金を全額免除される自己破産ですが、この手続きを取るとすべてを失って路頭に迷うと考えている人も言います。

しかし、実際には生活を立て直すための資金がなければ手続きをした意味がありませんので、ローンの残っていない高額資産や現金など、合計100万円までは自由財産として手元に残すことを許されています。

また、こまごまとした日用品や古くて価値のない衣類なども現金化できないのでそのまま使い続けられます。家や車、預貯金、ローンのある高額商品を持っていない人であれば、何も失わずに借金だけを免除してもらうこともできます。

債務整理を急ぐ、過払い金の請求には時効がある

借金をすでに払っており、実際には業者に過払い金があるというケースは、いつまでも放置しておくと回収できなくなります。過払い金の時効は10年で、最終取引日から数えますので、10年近く前に完済している借金はできるだけ早く債務整理をすることをお勧めします。

また、数年前に借金を払い終えて、今は取引がないので過払い金を取り戻せないと考えている人も、一度履歴を取り寄せて引き直し計算をする価値があります10年を経過していなければ、今は付き合いのない業者からでも払い過ぎたお金を取り戻すことができるのです。

現在借金がある人は相談した時に過払いが見つかったというケースがありますが、すでに払い終えている人は意外と気づかないものです。

債務整理のメリットは何?

債務整理をするメリットは、借金問題が解決に近づくという事につきます。自己破産で借金を免除するにしろ、過払いで予想外の臨時収入を得るにしろ、個人再生で借金を減額するにしろ、今までよりは良い条件になることに違いはありません。

また、債務整理をすることで各借り入れについての現在高や今まで払ってきた利息などの詳細を見ることになります。

その結果、自分が今までにどれくらい借り入れをしているのか、今後いつまで払い続ければ完済になるのかという状況がはっきりわかるようになり、借金を二度としないようにという戒めにもなり、支払いへのモチベーションを上げていくことができます。

専門家に相談すると、どのような方法があるのかを具体的に教えてもらえます。

債務整理で人精神的に楽になろう

借金を気にしてうつ病になったり、他のことが手につかなくなるという人は少なくありません。借金は家族や友人との人間関係にも悪影響を与えますし、自分自身の精神面でも大きな負担となります。そのため、一度は債務整理を検討し、自分に合った方法で借金を整理することをお勧めします。

もちろん、債務整理をするとブラック扱いになり、数年間は借り入れやローンができなくなるというリスクはありますが、借金を返すために借り入れをしていても、借金額が膨らんでいくだけで、いずれは借り入れができなくなり、結果は同じです。

何より、債務整理をすることでかなり精神面での負担が軽くなりますので、日頃落ち込んだり、集中力が鈍っているときは早めに相談しましょう。

債務整理、無料相談に頼ってみよう。

債務整理を検討しているものの、どのようにすればいいのかがわからないという人は、弁護士や司法書士など法律の専門家に相談するのが手っ取り早いです。相談料を払うお金もないという人も、無料相談を利用すれば費用を払わずに専門家のアドバイスを受けることができます。

無料相談は、借金問題であれば一部の専門家が常時行っていますし、弁護士会や民間の法人などが主催して、時々一日無料相談会を開催することもあります。

これらの情報は、弁護士会のホームページや広報などで紹介されていますので、近くに無料相談をする事務所がないときにはこまめにチェックしましょう。各種団体や市区町村に問い合わせをすると、直近の相談会を教えてくれることもあります。

より詳しく知りたい方は、下記記事が参考になると思います。図や表を使い専門的に説明しております。

任意整理後の時効待ち(時効援用)とは

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 債務整理全般

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】