借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

住宅ローンを抱えたまま債務整理できる?債務整理後に住宅ローンを組む事は可能?

   

債務整理の中には財産を守れる物がある

債務整理をすると、財産をすべて失ってしまうと考えている人もいるようです。たしかに、財産があるのにそれを残したまま借金を減額するというのは、常識的に考えて難しいでしょう。しかし、一定の条件を満たしていれば、財産を守ったまま借金を減額することができます。

債務整理のうち、自己破産をすると原則として資産はすべて失います。しかし、任意整理や個人再生では、資産を没収されるという規定はありません。そのため、自動車やマイホームを失わずに借金を減額できる可能性があります。

ただし、任意整理で減額できるのは利息と遅延損害金のみであり、個人再生でも所有している資産の価値よりも借金を少なくすることはできませんので、甘く見ていてはいけません。

借金が減る債務整理、住宅ローンはそのままで出来る?

自己破産をすると、借金をすべて帳消しにできるかわりに、資産はすべて失うことになります。住宅ローンをそのままにしたいのなら、任意整理や個人再生を選択することになるでしょう。

任意整理では、対象とする借金を自由に選べますので、住宅ローンに影響を与えずに、他の借金を任意整理することができます。

個人再生では、原則としてすべての借金を整理しなければなりませんが、住宅ローンの特別条項を利用すれば、住宅ローンだけはそのまま返済していくことが可能になります。

住宅ローンはいっさい減額がされませんが、他の借金は大きく減額ができ、マイホームを残すことができます。住宅ローンそのものの返済に困っている場合には、個人再生では解決ができないということには注意が必要です。

債務生産後でも住宅ローンは組める?

債務整理をすると、一定の期間ブラックリストにのってしまうので、住宅ローンの審査には通らなくなります。任意整理なら和解成立から5年でブラックリストから解除されますので、その後は住宅ローンの審査に影響しなくなります。個人再生や自己破産をしている場合には、10年間は住宅ローンの審査に影響します。

ブラックリストにのっているからといって、住宅ローンを貸してはいけないという法律はないものの、銀行は信用を重視していますので、過去に重大な契約違反をおかした人に高額なローンを組ませるということはしないでしょう。

結論として、債務整理後でも住宅ローンを組むことはできますが、任意整理なら5年間、個人再生や自己破産なら10年間は待つ必要があります。

債務整理、気をつけないと他の住宅ローンにも影響が?

任意整理をした場合、住宅ローンを対象に外すことで、住宅ローンには影響を与えずに借金を減額できます。しかし、信用情報はブラックになってしまうので、その意味で影響してしまうことがあります。

例えば、住宅ローンの借り換えをしようとしたときに、借り換え審査に通らないという影響が出てしまいます。住宅ローンを高い金利で借りてしまった人は、借り換えをすることで大きく節約できることがありますが、債務整理をしていると、それができなくなります。債務整理をする前に、住宅ローンの借り換えを検討しておいたほうがよいでしょう。

しかし、一生影響し続けるというわけではなく、任意整理をした後、およそ5年が経過すればブラックリストから解除されるので、住宅ローンの借り換え審査に影響しなくなります。

債務整理をしてもマイホームを残したい場合はどうすれば良い?

債務整理をしてもマイホームを残したい場合には、任意整理か個人再生を選択することになります。いずれにしても、住宅ローンを減額することはできないので、住宅ローンは問題なく返済をしていけるということが条件になります。

住宅ローン以外にも借金がたくさんある場合には、任意整理をして利息をゼロにしてもらうか、個人再生をして元本までも大幅に減らしてもらうか、どちらかを選びましょう。任意整理のほうがデメリットが少ないので、なるべく早い段階で行動をして、任意整理で解決をしてしまうことが理想です。

素人では判断が難しいこともあるので、まずは弁護士に相談をしてみましょう。債務整理に強い法律事務所では、初回相談が無料のところも多いです。

下記記事でより詳しく解説しておりますので、是非参考にして下さい。

債務整理と住宅ローンの関係

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 住宅ローン

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】