借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

借金が無くなる、減額できる債務整理、そのデメリットは?

   

債務整理をすることで制限されるもの

債務整理を行えばそれだけ借金も減額され返済がより楽になりますが、こうした手続きはメリットだけではなく、デメリットもありますので実際に手続きを行う前にはよく理解しておくことも大切です。

まず自己破産を選んだ場合は借金がすべてなくなるのはメリットですが、そのかわり職業や資格に一定期間制限が出ますので該当する仕事に就いている人は一時的に仕事に就けなくなる可能性があります。

個人再生や任意整理を選んだ時にはそうした職業の制限はありませんが、いずれの手続きをした場合も、一定期間は新たに借り入れをしたりカードを作ることが難しくなってしまいます。

さらに自己破産では自宅など価値がある財産を持っている場合はそれを手放す必要があることも理解しておきましょう。

債務整理で信用情報機関に登録される

債務整理を行うとその情報は信用情報機関に登録されることとなります。

いわゆるブラックリストと呼ばれるものですが、こうした情報は一般の人が目にすることはまずありませんので、周囲に知られてしまうことはありませんが、その情報が登録されている間は新たにローンを組んだり、借り入れを行うことはかなり難しくなります。

とはいえ、事故情報は永遠に掲載されるわけではなく、一定期間を過ぎるとその情報も消去されることとなります。掲載される期間は任意整理であれば完済から5年程度、自己破産の場合は10年程度とされています。

こうした事故情報が掲載されている間は住宅ローンなどの審査通ることはかなり難しくなってしまいますので、そのことも考慮して手続きを進めていきましょう。

債務整理で名前が官報に載る

債務整理を行うと信用情報機関にその情報が掲載されることとなりますが、一般の人に知られる心配はまずないと言えます。

債務整理を行う前にもうひとつ知っておきたいことは、債務整理をしたことで、官報に名前が載ってしまうということです。これは国が発行している広報誌で休日を除いて毎日発行されており、インターネットからも読むことができます。

自己破産を行った場合は破産手続き開始決定後と免責が下りたあとの2回掲載されますし、個人民事再生を選んだ場合は3回の掲載となります。

こうした情報は一般の人が目にする機会は少ないですが名前や住所などの情報が公開されることは理解しておきましょう。債務整理でも任意整理を選んだ際は名前や住所が公開されることはありません。

債務整理、保証人に債務者が行く場合も

債務整理を選ぶことで借金の問題はよりスピーディーに解決できるようになりますが、借金に保証人がいる場合はその人への影響も考えて手続きを進めていく必要があります。

任意整理を選んだ際は整理したい借金を選ぶことができますので、保証人への影響を防ぐことができますが、自己破産や個人民事再生ではすべての借金を整理することとなりますので、保証人への影響は避けられなくなってしまいます。

場合によっては保証人に債務者が行く場合もありますので、そのことも考慮して最適な手続きを選んでいきましょう。

保証人もまた債務整理を行わなくてはならないこともありますので、手続きをする際も勝手に進めていくのではなく保証人にも事前に相談しておきたいところです。

どのような形の債務整理をするかは、専門家に相談して

債務整理は任意整理、個人民事再生、自己破産など様々な方法がありますが、最適な方法は人それぞれ違いがあります。借金をできるだけ減額できることはもちろん、デメリットも少ない方法を選ぶことが大事ですので、それぞれの特徴はよく理解しておきましょう。

自己破産や個人民事再生は裁判所での手続きも必要となりますので、個人での対応は難しくなることも少なくありません。最適な方法を選びたい、よりスムーズに手続きを行いたいなら、やはり弁護士などの専門家に相談してみることがおすすめです。

借金の状態や持っている財産、収入。保証人の有無などによって向いている方法は違いますので、まずはじっくりと相談し最適な方法を見つけていきましょう。専門家が介入してくれることで取りたてや催促もストップさせることができますので、より落ち着いて借金問題に向き合うこともできます。

こちらでは逆にメリットについて詳しく解説しています。参考になれば幸いです。

債務整理のメリット

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 債務整理全般

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】