借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

カードローンで多重債務に、任意整理をした体験談

   

知らない間に自転車操業、専門家に相談に

サラリーマンの私は現在34歳で、妻と2人の子供がいます。今では普通の暮らしをすることができていますが、過去にはカードローンによって多重債務に陥り、任意整理を行った過去があります。

当時のことを思い返すだけでも、なぜそのような借金地獄に陥ってしまったか今でも後悔することがあります。その大きな原因はギャンブルにありました。様々なギャンブルに手を出してきた私ですが、最ものめり込んでしまったのがパチンコとスロットです。

今でこそ多重債務者が増えたために様々な対策がされていますが、当時はギャンブル性が非常に高い遊戯台の全盛期でもあり、僕に学校にも通わずにパチンコ屋にばかり足を運ぶ荒んだ毎日を送っていました。

債権者に交渉する任意整理を勧められる

そもそもギャンブルは勝てるものでは無いと今は冷静に判断することができるようになりましたが、当時の私は負けたらそれを取り返してやろうと熱くなり、さらに負けてお金を失うような日々を送っていました。

アルバイトでお金を稼いでいた私ですが、当然毎日のように数万円も使って足りるわけがありません。そんな時に手を出してしまったのがカードローンでした。

借金であることを100も承知のはずなのに、なぜか自分の貯金のような感覚に陥ってしまい、毎日のようにお金を引き出すことが続いていました。

そんな生活をしていればあっという間に限度額まで到達してしまいますが、別の金融機関にカードローンを申し込むとまたお金を借りることができました。

専門家の指導の下、毎月の返済がかなり減った。

それを繰り返しているうちに、気づけば6社の金融機関からお金を借りており、しかもその全てが限度額いっぱいまで到達している恐ろしい状況となってしまいました。

反省して返済をしようと試みましたが、総額が300万円を超えている借入額を当時就職して月収が手取りで18万程度しかなかった私がすんなり返せるわけがありません。

突然の出費などもあり、毎月利子の金額だけを支払っているような状態が続いていました。このままでは人生がおかしくなってしまうと感じた私は、思い切って法律事務所に相談し任意整理をすることになりました。

これは現在の私の妻のアドバイスでもあります。借金だらけの状態では結婚できないと言われておりましたので、今思えば人生を元通りに修復する良い機会となりました。

債務整理で人生の再出発を図る

任意整理を行ったあとは、とにかく金銭感覚をもとに戻すことを徹底しました。パチンコのような1日で数万円から数十万円が動く生活を続けていると、絶対に金銭感覚が麻痺してしまいます。

欲しいものがあると我慢できないこともありましたが、日ごろから妻にお金を借りて良いのは住宅を購入する時だけと耳にタコができる位言われておりましたので、それも効果があったのではないかと思います。

最初のうちは何かと我慢することに苦労していましたが、現在ではすっかり金銭感覚も元通りになり、毎月2万円のお小遣いだけでも十分にやりくりすることができるようになりました。

子供が2人生まれて、自分自身がもっとしっかりとしなければならないという自覚が芽生えたことも大きかったと思います。

債務整理をして良かった事

今現在借金問題で悩んでいる方は、とにかく早く法律事務所に相談するなどして解決したほうが良いと思います。信用情報機関のブラックリストに載ってしまいますが、時間経過とともに回復します。

不便なこともあるとは思いますが、今後長い間借金返済のことで頭がいっぱいの状態が続いていくようでは、人生そのものがつまらないものになってしまいます。多重債務者の方は、日頃の生活をいちど見直してみると良いかもしれません。

もちろん、家庭の事情があって借金を抱えてしまった方もいるとは思われますが、浪費癖やギャンブルが原因であれば、自分自身を変えていくしかありません。ギャンブルに関しては、依存症になっている恐れもあるので、専門機関に相談してみるのも1つの手でしょう。

こちらは警備員の人が任意整理をするケースについてまとめた記事です。

警備員が任意整理するケース

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 任意整理

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】