借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

任意整理、法律事務所へ払う費用は?その支払い方法は?

   

借金が減る任意整理、債権者との交渉は専門家が?

任意整理は、借金をどうにかして減らしたいと考えているけれど、利息を支払うのが難しいと考えている人に適している債務整理の手段です。裁判所に行く事無く、話し合いをして借金の減額をします。

ですが、専門的な知識を持っていない一般の人が交渉を試みた所で、なかなか上手くいくはずがありません。そこで頼りになるのが、弁護士などの専門家です。

弁護士に依頼をすれば、まず、現段階で支払っている借金の取り立てをストップする事が出来ます。すでに沢山の借金を抱えていて、支払いが困難だと言う人は、それだけでも精神的に落ち着く事ができるでしょう。

そして、その後の交渉や書類作成に関しては、全て弁護士が行いますので、基本的には何もしなくても大丈夫なんですよ。

借金が減る任意整理、交渉は一社ごとに払うの?

任意整理を行うと、無理なく合理的に借金の返済を行う事が出来ますので、今の自分の生活に合わせた返済方法に切り替える事が出来ます。借入額によっても異なってきますが、3年から5年かけて毎月数万円ずつ返済を行っていくという計画を立てるのが一般的です。

ですが、当然弁護士も慈善事業で任意整理を行っている訳ではありません。交渉と書類作成を代わって行うのですから、当然弁護士の依頼費用が掛かります。費用の金額は、各弁護士事務所によって異なりますが、基本的には1社あたり数万円程度というのが一般的です。

ですので、お金を借りている業者が多ければ多いほど、弁護士費用も高くなりますので、事前にどれくらいの金額になるのかというのを確認しておくと良いでしょう。

任意整理、弁護士に払う費用の内訳は?

任意整理に掛かる費用の内訳は、主に4つに分かれます。

まずは、着手金です。これは、弁護士に任意整理を依頼する時に、まず最初に支払わなくてはいけません。また、任意整理に成功する、しないに関わらず発生します。

次は報酬金です。これは、任意整理の解決の成功程度によって受け取る報酬になります。基本報酬額、減額報酬金、過払い金報酬などが挙げられます。

次は、過払い金返還報酬金です。これは、債権者から返金を受けた過払い金を元に算出した報酬になります。

そして最後は、手数料です。手数料というのは、任意整理の手続きに掛かる事務処理の経費になります。

以上が主に支払う弁護士費用の内訳になりますので、きちんと覚えておくようにしましょう。

任意整理、弁護士と司法書士、どっちが安い?

弁護士は個別の債権額が140万円を超えていたとしても、法律相談や交渉、訴訟といったサポートを全て行う事が出来ます。その反面、司法書士の場合には、140万円を超える場合には対応をする事が出来ません。

また、140万円以下であったとしても、フルサポートを行う事は出来ず、対応可能ではありますが、認定司法書士にしか取り扱う事が出来ないので、実に限定されます。

実は、任意整理の対応がここまで違うにも関わらず、弁護士に依頼をしたとしても司法書士に依頼をしたとしても、費用はここまで大きな差はないというのが実情です。

沢山の借金があって、とにかく悩んでいると言う人は、トータルサポートをしてくれる弁護士に相談をするようにしましょう。

任意整理、信頼できる弁護士の探し方?

任意整理を行ってもらうのであれば、きちんとした交渉をして、依頼者の納得のいく形で借金の減額をしてもらわなくてはいけません。そこで大切になるのが、良い弁護士の探し方です。

そのためには、どれくらいの任意整理の実績があるのかというのをチェックしましょう。同じ借金でも、個人再生と自己破産の実績ばかりがあるような弁護士事務所は、実は任意整理は弱かったりする可能性がありますので、注意が必要です。

また、どんな金融業者であったとしても、妥協をすることなく強く交渉が出来るかどうかというのは非常に大切です。相手によって態度を変えられてしまっては、依頼者の望む形で借金の減額は望めないでしょう。

以上の事に気を付けて、依頼の際には信頼できる弁護士を探すようにしましょう。

こちら↓の記事では任意整理の体験談を紹介しております。

夫の姉の借金約400万円を任意整理させた

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 任意整理

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】