借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

任意整理、どの弁護士が良い?その見つけ方は?

   

借金が減る任意整理、その仕組みは?

任意整理は数ある債務整理の中でも、唯一裁判所を介さないで整理のできる債務整理の方法です。弁護士等の法律の専門家が、債権者と相対で交渉を行い、直接和解交渉を行なう整理方法です。任意整理を法律事務所に相談し、弁護士等が受任すれば、債権者に対し正式に受任通知が送付されます。

債権者に受任通知が送付されますと、督促や取立てはストップし、和解交渉に入ります。債務の支払い状況や残債については、弁護士等が直接債権者とやりとりを行いますので、特に自分から交渉することはありません。

和解交渉の結果、将来利息を無くした元本について、一定期間で分割をして支払っていくことになります。自己破産や個人再生のように元本は減りませんが、将来利息は消失しますので、支払いは軽減されていきます。

借金が減る任意整理、費用は債権者との交渉件数?

任意整理の方法は、和解交渉を行なう債権者数に応じて変わってきます。和解を行なう債権者が多くなれば、当然、それだけ任意整理に関する費用は高くなっていきます。

費用面においては、どこの事務所においても同様な金額になっています。債権者と和解が結ばれても、すぐに返済が始まるわけではありません。一般的には任意整理の後、2ヶ月ぐらいの期間を経過してから返済が始まるようになっています。

支払い期間については、3年か5年の期間での返済が普通です。自分の生活状況と、債務の状況を鑑み、どのような形式で返済を行っていくかを法律事務所と検討していきましょう。

法律事務所によっては、成功報酬が発生する場合もあります。詳しくは法律事務所に相談をしてみるのも良いでしょう。

任意整理の減額は弁護士の交渉しだい

任意整理をしても、基本的には将来利息が無くなるだけで、元本が減額することはありません。元本が減る場合は、借金の支払い利息が法定利息を上回る金利で支払っている場合になります。

払いすぎている部分については減額の余地があるのですが、その減額交渉ができるのは、弁護士さん等の経験がものを言うのも事実です。

本来なら、支払うべきもので無い部分について払っているのだから減額してくれという理屈ではあるのですが、その交渉も弁護士さん等の腕に掛かってくるのは事実です。余分に支払った部分を取り戻すことができるかは、どの法律事務所を選ぶかによってきます。

まずは、自分なりに債権者との契約内容を調べ、法定利息を上回る金利を払っているかを調べ、上回るのであれば減額の余地があるかを弁護士さんに相談してみましょう。

任意整理、弁護士費用でかかるものは?

任意整理をする場合にも、どのようなコストが掛かるか分かっていないと頼めないものです。

和解する業者数に応じて債務整理の費用は変わりますが、それ以外にも、諸費用はかかってきます。実際に、債権者とのやりとりを行なう場合の弁護士さんの交通費や印紙代などの費用が具体的には掛かります。

少額ではありますが、債権者の数が多くなれば、当然、金額も大きくなっていきます。任意整理を始める段階で、諸費用分についての処理をどうするかについては取り決めておいたほうが良いでしょう。

また、法律事務所によっては、成功報酬を別途請求するところもあります。諸費用と含め、任意整理を進める段階で取り決めておくように心がけましょう。前もって決めておくことが大切です。

任意整理、費用が安くても減額率が低いと?

任意整理は、自己破産や個人再生に比べれば減額率は低い債務整理方法になります。個人再生等を使用した方が減額率は高くなってきますが、費用面では、どうしても高くなっていきます。

減額率は低くても、任意整理のほうが費用だけではなく、裁判所を介した取引ではないので、手続きも簡単で、早期に整理が可能になってきます。

任意整理をすることで、債権者とのやりとりも督促も無くなります。減額率だけでは見ないで、費用の少なさと、手続きの簡易さで見れば、任意整理のほうが他の債務整理の方法よりは簡便でしょう。

法律事務所に受任してもらえば、すぐにでも債権者との和解交渉に入ってくれ、債務整理が実施されていくのが魅力です。少しでも早く債務の整理を実施したいのであれば、任意整理が確実です。

税金については任意整理が出来ないので注意が必要です。こちら↓を参考にして下さい

滞納した税金は任意整理できるのか?

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 任意整理

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】