借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

借金が少なくなる債務整理に関して

   

債務整理、借金が減る物、無くなるもの

収入はそれほど急に増やすことはできません。減ることがあったり無くなることがあるくらいです。

借金が非常に多くなった場合、収入が増えるのであれば返せますが、増やせないなら返済ができません。そのまま、返済できない生活を送っても仕方がないでしょう。

そこで法律的な手続きとして、債務整理ができる場合があります。すべての人が利用できるわけではありませんが、一定の条件に基づく人に対して受けることができます。

まず借金を減らす方法として、任意整理と個人再生があります。こちらは借入の残高が残るので、手続き後に返済をしていきます。

一方、自己破産を行うことで借金をすべてなくすことができます。手続きを終えれば、それ以降の返済は不要です。

どんな人が債務整理をするの?

お金を借りる理由は様々です。少し生活費が足りない、ボーナスまでのつなぎ、住宅などの大きなものを長期間かけて支払うなどが一般的な理由になります。

住宅の場合はかなり長くなるので、必ず将来払い続けられるわけではありません。でも、収入に応じた返済額を設定しています。これらの利用であれば、確実に返済ができます。

しかし、借りた金額が大きくて返済できなくなる場合があります。返済ができないので、他の金融機関から借りて返済する多重債務をする人があります。返済のためのお金のあてがないので、これからもどんどん借金が増えていく可能性があります。

この場合は、債務整理をしない限りには返済をするのは難しくなるといえるでしょう。

債務整理、実際に行った人たちの声

借金が多くなって返済できない状態になると法律事務所に行かないといけないと感じる人はいます。でもいざ行くとなるとかなり勇気がいるようです。

借金をしている後ろめたさがあったり、いろいろな人に知られるのがつらい、生活にいろいろな制限がかかるなど考える人もいます。この場合は、実際に債務整理をした人の話を聞いてみるとよいでしょう。

任意整理をした人の中には、借金が全額返済できただけでなく、過払い金が戻って逆にお金が増えた人もいます。マイナスがプラスになる例です。

自己破産は生活に制限が出るイメージがありますが、新たな借り入れができないなどの制限があるだけで、選挙権などが無くなるわけではありません。ほぼ以前と同じ生活ができます。

任意整理を選ぶまでの流れを漫画で紹介しています↓

【漫画でわかる債務整理】第4話~ついに任意整理手続きへ

債務整理、専門家に頼む場合の注意点は?

弁護士といえば、非常に難しい試験を突破し、さらに厳しい研修を修了した人がなります。さらに、その後には、難しい仕事なども行っているでしょう。

弁護士の行える仕事の幅は広く、法律に関わることであればかなりの範囲を行えます。人によっては、弁護士が行える仕事の全てを引き受けてくれることもあるでしょうが、実際は稀です。

それぞれ得意分野を持っていて、得意分野を優先して受けるようにしています。債務整理を行いたいときに弁護士や司法書士に依頼することがありますが、債務整理を得意にしているところに依頼をしましょう。

ホームページなどに扱っている項目が記載されています。小さく記載しているだけの所より、大きく扱っているところの方が良いでしょう。

債務整理、無料相談を使って早めに判断を

法律事務所に法律相談をするとき、各事務所で相談料金を決めています。30分5千円程度の所が多くなっていて、法律事務所に行きにくい原因になっているかもしれません。

債務整理に関しては、事務所によって異なりますが、無料相談を行ている事務所が多くあります。ホームページ上で確認することができます。他の相談は有料だが、債務整理に関しては無料にしますと記載しているところがあります。

初めてでも、何回行っても、相談だけなら無料で行ってもらえます。お金が心配であれば、法律事務所に行くのではなく、無料相談サービスを利用する方法もあります。

各弁護士団体などが運営していて、市民の法律相談に乗ってくれます。インターネットからでも利用できます。

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 債務整理全般

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】