借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

過払い金請求、自分で出来るの?

   

過払い金請求は払いすぎた利息が戻ってくる事

お金を借りると必ず金利が付きます。1日借りただけでも、もし1円以上あるならその金利を支払う必要があります。

この金利は、各金融機関がある程度は自由に決めることができますが、一定の上限が決められていて、それ以上に金利はつけられないようになっています。かつて、金利の上限が複数用意されることがあり、多くの金融機関はどちらの上限を使えばよいかわからない状態でした。

その時に法律の上限を超えた金利が設定される場合がありました。法律上問題がある金利なので、借りた人は上限以上の金利を支払う必要はありません。もし高すぎる金利で借入をしている、していた場合には、戻してもらうことができ、これを過払い金と言い、行為のことを過払い金請求と呼びます。

過払い金がある人、無い人

金利の上限の認識が複数あった時期は非常に長い期間ありました。そして上限を超える部分に関しては、グレーゾーン金利といわれていました。

上限を超える金利で借りて、利息を払った人は、過払い金がある人になり、場合によっては借入先から返金をしてもらうことができます。裁判で利息に関する線引きがはっきりする以前では多くの金融機関が高い金利をつけていましたから、それに該当する場合には戻してもらえます。

でも、それ以降に借入をしている場合は、上限が守られた金利で借り入れることになります。そのために、過払い金が発生することはありません。他の金融機関より少し高いからと言って、上限いないなら問題はありません。超えているかどうかがポイントです。

過払い金、請求しないと戻ってこない

お金を払いすぎた時、支払った相手がそれに気が付いてくれると返金してくれる場合があります。レジなどでお金を返してもらって得した気分になることがあるでしょう。しかし、相手がそれに気が付いてくれなければ返金のしようがありません。

借入の場合、かつて上限金利を超えた貸し出しがあり、その時に通常以上の利息が徴収されていました。借主は払わなくていい利息を支払ったことになりますが、こちらは待っていれば金融機関が返金をしてくれるかです。

残念ながら、今のところは待っていても返金してもらえません。過払い請求をしないといけないことになっています。データとしては金融機関も持っているのでしょうが、すべての人に勝手に返金するのは大変でしょう。

過払い金、専門家に頼むと費用はどのくらい?

過払い請求は、借り入れた金融機関に過払いがあることを伝え、多く払いすぎた利息を返金してもらう手続きです。債務整理の一つとされていて、自分で行うことも可能です。

ただし、法律知識がない場合は、相手にしてもらえない場合もあります。時間もかかるので、あまり自分で行うのは得策ではありません。

法律事務所などの専門家であれば、国から守られた権限の元で金融機関と交渉をすることができます。スムーズに手続きをしてもらうことができます。

何とか無事返金してもらっても、さすがに無料で行ってもらえるわけではありません。かかるお金としては、着手金が固定で発生し、さらに成功報酬として支払うことになります。取り戻したお金の20パーセントぐらいが報酬になることが多いです。

過払い金の請求、どうやって良い専門家を選ぶ?

過払い金の請求をしてもらう専門家として、法律事務所に依頼をします。この時は、司法書士と弁護士から選ぶことになります。

注意したいのが、司法書士には扱える金額に上限が決められていることです。140万までの場合、手続きを行うことができますが、それ以上だとできません。自分自身の借入の状況を見て、140万を超えるのであれば弁護士に依頼した方が良いでしょう。

それほど金額が大きくないのであれば、専門的に行っている司法書士の方がコストが安めになることもあります。法律事務所の中には、債務整理を全面的に打ち出しているところがあります。

こちらだと、多くの案件を取り扱っているので、その分手続きも早くなります。債務整理を得意にしているところから選びましょう。

こちらではカーローンと過払い金についての注意事項なども記載しております。

債務整理の車へのデメリット(カーローン)

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 過払い金

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】