借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

経営不振でどうにも行かない、私達が選んだ自己破産という道

   

経営不振でこのままだと、色々な人に迷惑が

ここ数年にわたり、不景気が続いていて、うちのような資金力のない零細企業は大変です。従業員もいるので、賃金の支払いもあります。

仕入れも多少なりともあるので、支払いが遅れないようにしたくても、どうしても出来ない時も有って、借り入れをしては給料や仕入れに充てる、という状態が続くと、どうにもならないんです。

結局収入が少ないから、充分足りてないから、借りる、返すを繰り返していると、段々マヒしちゃってくるんです。借りる事が、当たり前のようになってしまって、生活費も借りるようになった時には女房も不安げでした。

このままだと、所謂自転車操業の悪いパターンだと気付いた時、気付けて良かった、と思いました。他人様に迷惑をかける事になります。

自己破産のメリットもデメリットも理解して

商売をたたむ事に決めました。従業員も解雇しました。仕入れ先にも、借りた金で返済しました。そうして身軽にしてから、弁護士さんに相談に行きました。

無料相談なのでお金がかからず、行く事が出来ました。先ず借り入れの状態からして、自己破産、という手続きについて色々お聞きしました。

自己破産だとブラックリストに載ってしまい、7年間はローンなどが組めない事、自家用車を持っている場合、処分しなければならない事、自己所有の家も競売になるという事、等々です。

どれも苦しいものですが、反面、一切の借金の取り立てがされない事、これが一番のメリットです。あるお金の範囲内で慎ましやかに暮らしていけばいい、そう思うと気持ちが楽になりました。

私達の債務整理の弁護士の選び方

債務整理するにあたって、弁護士さんを選ばなければなりません。そうなると、やはり債務整理、所謂自己破産ですが、そちらに強い弁護士さんが一番です。

なので口コミ情報もそうですが、やはり一番は、各弁護士さんの得意分野を書き込んでいる、弁護士会のホームページを参考にしました。結構細かく載っているんです。交通関係だとか、家族間の事だとか、自分がどういった種類を得意としているか、自己紹介しているんです。

そこから、この人がいいかなと決めました。年齢も加味しました。同年代か、そのくらいだとお話もしやすいな、と思ったんです。早速電話をかけて、都合の合う日にちを決め予約しました。相談料は1時間5000円といわれました。

どうにもならない、と言う状況の前に行動を

本当は自己破産はしたくありませんでした。どうにもならなくなる前に、専門家に相談をすればよかったと今は思います。

お金が多少かかっても税理士さんや、経営のアドバイスをしてくれる専門家などに話を聞いてもらえば、自己破産などにはならず、同じく商売をたたむことになったとしても、こんなに借金を抱え込まずに済んだのかもしれないと、つくづく思います。

一人で悩んでいても解決は出来ないと分かった時に、すぐに行動を起こしていればよかったな、と思います。今となっては後の祭りです。

妻にも不安な気持ちのまま、この数か月暮らさせたことが、悪い事をしたなと本当に謝っても謝りきれません。妻は私を責めたりしないのです。有難い事です。

自己破産は新しい出発点

相談しに行った弁護士さんは、思い通りの方で、話やすく親身になってアドバイスを下さいました。なのでこの弁護士さんに一切をお任せする事に決めました。

相談料は、自己破産を依頼したので0円になりました。弁護士費用も毎月少しずつ払っていけば良いので本当に良かったです。

慣れ親しんだ家をなくし、車も処分され、無一文になりましたが、家財などは生活の上で必要なので持ったままでいられます。アパート暮らしを始め、私は勿論妻もパートに出てくれて、夫婦仲良く暮らしています。

取り立てにおびえる事もなく、誰にも迷惑を掛けず暮らせて本当に良かったです。破産はしたけれど、心機一転、新しい門出と思い、これから頑張って暮らしていくつもりです。

法人の場合の任意整理についてはこちら↓の記事が参考になれば幸いです。

会社(法人)の任意整理

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 自己破産

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】