借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

個人再生で家を手放さずに350万円の借金を解決

   

ネットの無料相談で見つけた専門家

借金の額も350万ともなると順調な返済は難しくなってきます。そこで債務整理を行うことでの解決も目指していきたいですが、債務整理は専門的な知識も必要ですので、個人で対応するのは難しいものもあります。

こうした難しい手続きも専門家のサポートがあれば安心して行うことができます。弁護士に依頼するとなるとどこを選んでよいか悩んでしましますが、今はネットでも無料相談に応じてくれる事務所が増えており、弁護士への相談や依頼もより手軽に行えるようになっています。

無料相談は対面で行えることはもちろん、電話やメールでも対応してもらうことができますので、専門家への相談が初めてという人にも利用しやすくなっています。そして電話やメールの対応の良さでも信頼できる事務所かどうかを確認することができます。

マイホームを手放さずにすんだ個人再生

自己破産の場合は借金がすべてなくなるのはメリットですが、価値のある財産を手放さなくてはならないというデメリットがあり、住宅を持っているとなるとそれを手放す必要があります。

自宅を失うことは今後の生活にも大きな影響が出てきますし、精神的なダメージも少なくありません。

その点、個人再生では、住宅ローンはそのまま支払い続けることができますので、マイホームを手放さずに他の借金を大幅に減らしていくことができます。

借金がすべてなくなるのではありませんが、マイホーム意外の価値のある財産も守っていくことができますし、職業の制限も受けることがありませんので、仕事もこれまでと同じように続けていくことができます。

住宅ローンの支払いが可能であれば自己破産より個人再生を選ぶことがおすすめです。

借金の状況と個人再生

債務整理を行う際は、現在の借金の状態を正確に把握すること、そして現在の収入や持っている財産の状態もしっかり確認しておくことが大切です。

個人再生ではかなり債務は圧縮され5分の1程度になるとされています。そしてその借金は原則3年、最長でも5年で支払っていくこととなりますので安定した収入が得られていることも大切です。

そして住宅ローンについては減額がありませんので、そのローンもしっかり払っていくことができないとなると個人再生での手続きは難しくなってしまいます。それゆえ、無理なく返済が続けられるかはよく考えて手続きを進めていきましょう。

350万円の借金であれば減額されればかなりの圧縮となりますので安定した収入があれば無理なく支払える人も多いのではないでしょうか。

個人再生が出来る条件

個人再生は自宅を守ることができるなど、自己破産よりデメリットを抑えられる方法ですが、誰もがこの手続きができるわけではありませんので、まずは条件はよく確認しておきましょう。

まず小規模個人再生の場合は債務者が個人であり住宅ローンを除いた借金の総額が5000万円以下であること、3年から5年の間に継続した収入が見込めることなどがあげられます。

給与所得者再生では小規模個人再生の条件を満たしており、所得の変動が年間で20パーセント以下であること、過去に破断をしている人は免責が確定してから7年以上経っているということもあげられます。

安定した収入が得られない人や会社などの法人の債務のみという場合はこうした手続きを利用することはできません。

弁護士の手続きの元、個人再生で新しい出発を

個人再生を行えばマイホームを守りながら借金を減額していくことができますが、裁判所での手続きも必要ですので、まったくの初心者には難しいものもあります。

順調に手続きを進めていくのであればやはり弁護士などの専門家に相談することがおすすめです。全国に法律事務所は多く存在しますが、この場合もどこに相談しても同じというわけではなく、できるだけ借金問題に詳しく多くの解決実績を持つ事務所を選んでおくことが大切です。

専門家に相談することで、それぞれに応じた解決策を提案してもらうこともできますし、難しい手続きも代行で行ってもらうことができますので、安心して進めていくことができます。まずは無料相談なども活用し、安心して依頼できる弁護士を見つけていきましょう。

下記記事では慰謝料の減額可否についてまとめています。個人再生をご検討中の方は、是非一読頂ければと思います。

個人再生で慰謝料の支払いは減額されるのか

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 個人再生

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】