借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

消費者金融大手、ライフカードについて、過払い金は返ってくる?

      2017/06/27

ライフカード、キャッシングに特化しているカード?

ライフカードは、そもそも、キャッシングと誕生月のポイント還元率に特化したクレジットカードとなっている為、ショッピング保険をはじめ、全ての保険が付帯されていません。

また、オンラインでのショッピングにも使えていますが、オンライン不正利用保険もついていないため、インターネットショッピングでの利用よりもキャッシングに特化しているカードといえます。

消費者金融系カードとして加入はしやすく、誕生月のみに高額なショッピングを行うことでポイント還元率の高さを誇る方法もあります。

しかし、年会費無料で万が一の時に備えてキャッシングを行うために持っている人も多く、普段はあまり利用しないサブカードの一つとしている人も少なくありません。

ライフカード、色々な特典が付いているけど、キャッシングしたら利息は幾ら?

ギフト券交換やポイント繰越して家電に交換する方法、さらに別のポイントへの移行といった貯めたポイントの活用法や、誕生月のみのポイント還元率の高さを誇るライフカードは、確かにいろいろな特典がついています。

また、頻繁に使用し続けることでポイント還元率アップも見込めるのは事実です。キャッシングに関してはオンラインキャッシングサービスを導入しており、急いでいる時にスムーズなキャッシングが行えるメリットがあります。

キャッシングの年利に関しては、カードの種類によって大きく異なりますが、一般的な物であれば15パーセントから18パーセントとなっています。

このため、急いでいる時にスムーズにキャッシングできますが、遅延損害金は20パーセントとなっている為、利用したらスムーズに返済しましょう。

ライフカードの過払い金、返還までの時間は?

クレジットカードに過払い金というイメージはそぐわないと考える人もいますが、実はライフカードの場合、以前高金利で多額の貸付を行っていた時代がありました。そのため、ライフカードに過払い金が発生した人が非常に多くなっています。

ただ、親会社は消費者金融であるため、裁判ありかなしかによって、大幅に期間が異なるのは事実です。専門的な業者にお願いした場合、早ければ2か月、裁判を挟んだ場合には4か月から8か月前後といわれています。

返済してくれる額に関しても大幅に異なり、2か月の場合は平均的に過払い金の4割、裁判ありの場合は7割から全額となっている為、自分で最良と思える選択肢を選んで申し込むことが、何よりも重要です。

ライフカードの過払い金、返還までの時間は?

ライフカードはアイフルと事業を統合している為、請求を出す場合にはどちらに出したらいいのか、事前の確認が必要となります。専門的な弁護士事務所に任せることで、費用を適切に回収するプランを質問されます。

早く返還してもらいたいなら、裁判をなしで行う場合が少なくありません。平均的に2か月から90日となっており、変換してくれる費用は4割程度です。

対して裁判を挟む場合には、4割以上満額となっていますが、裁判の状況によっていつ変換されるかは、大幅に異なります。体験者によってある程度費用は異なりますが、半年以上1年近くかかる場合もあります。

弁護士事務所によって変換までの期間は大幅に異なるので、確認して利用してください。

ライフカード他の債券整理での対応は?

ライフカードと過去に取引しているけれど他社もあり返済のノルマが苦しいという場合、債券整理を行う事がよい結果を招くといわれています。

過払いではなくても、融資を受けた額の利息の軽減や、年利の減少など、弁護士事務所が入ることによって、確実に負担を軽減しやすくなるといいます。司法書士や弁護士に相談することで、相手も企業として相談に乗ってくれます。

なお、取引している年数の長い顧客には、年利の引き下げや年利なしによる分割払いでの債券回収を行うところもありますので、確認しましょう。

短時間での場合、サービスとして利用が難しくなっているといわれており、利用する前に注意が必要です。複数業者の年利引き下げによる分割払いによって、債務を返還しやすくなります。

ライフカードに関するさらなる情報はこちら↓の記事を参考にして下さい。

ライフカードへの過払い金請求返還率と回収期間【2017年】

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 口コミ・評判

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】