借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

静岡の元セールスマンが500万の大金を借金した体験談

   

体験談提供者情報

  • 40代
  • 男性
  • 元セールスマン
  • 未婚
  • 借金の最高金額500万円

【多重債務に陥った経緯キッカケ】

私は静岡県のある街で生まれ育ち、高校卒業ともに東京都内の清掃用品販売事業を行っている会社に長年勤めていました。職種は清掃用品のセールスで、一般家庭から企業まで、電話営業や飛び込み営業を主とした業務でした。

しかし、私の年齢が30代後半の頃、静岡の賃貸アパートに住んでいた母親がガンにおかされていたことを電話で知り、急いで病院へと駆けつけたものの、母親の死に目には会うことができませんでした。

片親だったこともあって、経済的には恵まれた生活ではありませんでしたが、仕事に忙しい中でも、食事などの面倒をみてくれ、私に優しく接してくれる母親がいなくなってしまったことによる喪失感は、とても言葉では言い表せるものではありませんでした。

葬儀が終わり、お墓を用意することもできなかったため、遺骨を東京の自宅まで持ち帰りました。そして仕事に戻ったものの、どうしても気力が湧いて来ず、常にトップランキングの常連だったセールスの成績も著しく下がり、ノルマすら達成できなくなってしまいました。

そんな中、次第に上司の態度が激変し、プレッシャーに耐えられなくなった私は、都内の心療内科に通うことにしました。そこでは、うつ病と診断され、薬が処方されましたが、精神状態は回復せず、気がつけば私は仕事を辞め、パチンコなどで散財する毎日を送るようになっていました。

しまいには、貯蓄や退職金のほぼすべてをギャンブルにつぎ込んでしまい、負けを取り戻そうと複数の消費者金融からお金を借り続け、借金総額は500万円にものぼってしまいました。

【借金問題を解決した方法】

妻も子供もいない暮らしの中で、唯一打ち込めたものはギャンブルだけでした。母親を失ってからというもの、親しい身内もいない私は、借金まみれの生活を送り続けるようになっていました。

私は借金を返済する能力もなく、新しい仕事を求めることもできないうつ状態だったため、母親が住んでいたアパートへ住むことにしました。もうすでに、返せるあてのない借金だったため、夜逃げ同然にして、静岡へと戻りました。

やがて、環境が変わったせいか、いつのまにか気分がうつうつとすることもなくなっていき、アパートの家賃と食事代を稼ぐために就活をして、今度は化粧品会社に再就職することができました。

しかし、この職場は人間関係が良くなく、とくに年下の同僚からのモラルハラスメントにより、また精神状態が悪化してしまい、1年も経たずに辞職へと追いやられてしまいました。

そこに追い討ちをかけるようにして、都内の各金融業者からの取り立てがはじまり、精神的に追い詰められてしまった私は、借金をどうにかして清算する方法はないものかとスマートフォンで調べていました。

すると、ある司法書士のサイトで、債務整理の相談を無料でしてくれるところをみつけました。アパートから1時間ほどのところにある事務所へと足を運び、これまでの経緯を伝えると、担当の司法書士の方は、「あなたの場合、精神的な疾患が原因でもあるので、自己破産しましょう」とアドバイスしてくれました。

そして助言に従って、心療内科から診断書を受け取り、結果として、自己破産が認められることになりました。

静岡市エリアに対応している事務所をもっと探してみる↓↓↓

静岡市で債務整理の無料相談ができる弁護士・司法書士一覧

【多重債務中に困ったこと気にしていたこと】

とにかく、静岡に戻って、一旦勤めた会社を辞めてからはじまった、各消費者金融からの取り立ては、とても耐えきれるものではありませんでした。

携帯電話は鳴り止まないので電源を入れることができず、固定電話には留守電、ファックスでも借金返済を求めてくる文書が手荒い文字で書き殴られており、郵便ポストを開ければ、大量の督促状でいっぱいになっていました。

それらの取り立ての中でも一番辛かったことは、取り立て人たちがアパートまで押しかけてくるということでした。私は生まれてから東京に出るまで、ずっとこのアパートに住んでいましたので、多少の住人の入れ替わりはあったものの、長らく住んでいる隣人たちとは古くからの顔なじみでした。

そのため、アパートのドアの前で、大声で取り立てられることによって、近隣住民の方々の耳にまでその声量が響き渡ってしまうため、外出をしづらくなってしまい、食事の買い物以外の必要最低限以外では、散歩する気にもなれませんでした。

私の幼少期を知っている、隣に住むお婆さんは、そんな状況を察してくれたのか、食べ物や飲み物など差し入れてくれました。そんな心優しい方々に、多重債務を背負ってしまった自分の現状を知られたことが、最も辛い過去となっています。

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 体験談

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】