借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

多重債務とギャンブルの関係

   

多重債務者が多重債務に陥った原因を調査しますと、必ずギャンブルが原因で多重債務に陥ったという人が上位にランクされます。

つまり、多重債務とギャンブルは切っても切れない関係なのです。

そこで、本項ではギャンブルと多重債務の関係について考えて見ます。

ギャンブル

多重債務の原因でギャンブルが上位にランクする理由

どうして多重債務者はギャンブルが好きなのでしょうか?

消費者金融会社のアンケート調査で多重債務に陥った原因を調べますと、必ず上位に出て来る要因は以下の5つです。

  1. 低収入・収入の減少による生活費の補てん
  2. 借金の返済(住宅ローンを含む)
  3. 本人・家族の病気・けが
  4. ショッピング(ブランド品・貴金属などのぜいたく品購入)
  5. ギャンブル・遊興費

そして、上記の①~④と答えた人に詳しく話を聞きますと、多かれ少なかれ多重債務者の多くはギャンブルとは無縁ではありませんでした。

つまり、多重債務に陥った主因はギャンブルではないにしても、多くの多重債務者がギャンブルで浪費していました。

果たして、ギャンブルの負けが込んで多重債務に陥ったのか多重債務に陥りヤケクソでギャンブルにのめり込んだのかは解りませんが、多くの多重債務者がギャンブルで落ちて行く構図は同じかもしれません。

むしろ、「ギャンブルや買い物依存・風俗依存症以外の理由で多重債務に陥る理由が果してあるのか?」という声もあるほどです。

例えば、プロのパチンコ師はキャッシュを持たないと言われます。

カードローンでキャッシングしてパチンコで生活費を稼ぐからだそうですが、パチンコで必ず勝てる筈はありません。

パチンコの経営者に聞いた話ですが、以前はパチンコ屋は「濡れ手に粟」の様に儲かったそうです。

つまり、パチンコ屋が儲かるということは、パチンコ屋の客は儲からず損をするということに他なりません。

競輪・競馬・競艇などの多くのギャンブルの構図もパチンコと同様で、長期的に見れば儲かる筈はありません。

しかしながら、ギャンブルには夢があります。

預金金利がゼロ金利の世の中で、資産を一気に増やす夢はギャンブルしかありません。

只、普通の人は資産の極々一部をギャンブルに託しますが、夢を失った多重債務者は財産の大部分を賭けて一気に挽回を目指す訳ですね。

そう言う私も借金の挽回を狙って株のネットトレードで大失敗しました。

只、今でも株のネットトレードはギャンブルではないと思っていますが。

そもそも、ギャンブルはゼロサムゲームで勝てば数倍ですが、負ければゼロの世界です。

しかし、株のネットトレードは、負けても直ぐに資産がゼロになる訳ではありません。

問題は投資の仕方だったと思っています。

 

ギャンブルと借金の構図は同じで現実逃避

ギャンブルと借金の構図は同じでしょうか?

多重債務者の特徴で共通していることは、真面目で几帳面な人が多いということです。

意外かもしれませんが多重債務者は真面目で几帳面だからこそ、借金が増えてしまう一面があります。

例えば、多重債務者を見ますと、毎月の返済に遅れたことが無い人が多いのに驚きます。

外からのイメージでは多重債務者はお金にだらしなくいい加減な感じがしますが、実際は真面目で几帳面で人からお金を借りることが嫌な人が多いのです。

つまり、周りの人に迷惑を掛けたくないから、消費者金融会社に頼ってしまう訳ですね。

そして、真面目で几帳面だからこそ、新たな借金をしてまで以前の借金を返そうとしてしまいます。

その結果、借金が借金を呼び多重債務に陥ります。

したがって、新たな借金は一時的な現実逃避の手段ではないでしょうか。

将来的には返せない気がしても、新たに借金して一時的に落ち着きたいという現実逃避です。その様な精神状態でギャンブルに出会うと、儲かる様に思えてしまうのかもしれません。

冷静に判断すれば心理的なブレーキが掛かる筈ですが、夢を失った多重債務者の心理はアクセルを踏ませるのです。

つまり、多重債務者にとりギャンブルはひと時の夢を見させてくれるゲームなのです。

したがって、この様な夢を見る前に目を覚まさなければなりません。

振り返って間違いなく言えることは、カードローンは1日も早く止めなければ身の破滅に繋がることです。

また、ギャンブルは生活費以外の余裕資金の一部で遊ぶことは間違いではありませんが、生活費をギャンブルに注ぎ込む行為は身の破滅に繋がるということです。

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 借金完済のチャンス

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】