借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

自己破産後に転職しIPOの夢を追う

      2016/11/28

2014年に自己破産した私は、翌年、電子カルテのソフトを販売する中小企業に転職しました。

この会社は社員20名ほどの中小企業ですが、電子カルテのソフトで独自の技術があり現在、大手電機メーカーと業務提携しています。

以前の会社よりも給料は安いのですが数年後に上場するという夢があり、全てを失って再スタートする私はIPOの夢を追うことにしました。

7e01584d237a10c843022f0f8579d157_s

IPOとは何でしょうか?

IPOとは未上場企業が新規に株式を証券取引所に上場することを意味します。

もともと、IPOはInitial Public Offeringの略で、直訳すると最初の公開売り出しという感じでしょうか。

言うまでもありませんが未公開企業は株式を公開していませんので、未公開企業の株式は経営者や経営者の親族などが保有しているのが一般的です。

例えば、私が転職した電子カルテのソフト会社の株式は社長と社長の親族が70%以上保有し、残りは会社の役員と社員が保有しています。

したがって、通常、この会社の株式が外部に出回ることはありませんが、IPOすることで社長や親族などの持ち株が新しい株主に売り出されます。

また、上場時に新たに増資し増資で増えた株式を公募株として新しい株主に売り出す訳です。

一方、上場企業はIPOにより株式を公開しますから、公開企業の株式は証券取引所でいつでも自由に売買することができます。

このことが未公開企業とIPOを行った上場企業の最大の違いです。

企業は上場することで株式市場から広く資金調達することができるようになりますし、上場することで会社の知名度が上がり社会的な信用を高めることができるといったメリットがあります。

一方で上場することで経営の透明化が求められます。

上場企業は四半期ごとに決算を発表しなければなりませんし、決算発表以外でも株価に重要な影響がありそうな事柄は直ぐに公表しなければなりません。

また、配当や自社株買いなどの株主還元を行うことも大事で、上場を維持することにともなうコストは安くはありません。

IPOの夢とは何でしょうか?

一般的にIPOの夢は2つ考えられます。

1つ目は経営者サイドの夢です。

前述しましたようにIPOで社長や親族などの持ち株が新しい株主に売り出されますが、当然、社長が会社を興した時に投資した株価よりも遥かに高い株価で売り出すことになります。

会社が成長し会社の価値が上昇した訳ですから当然のことですが、タイミングによっては社長や親族の持ち株の価値は数倍から数十倍になることも珍しくはありません。

これが経営者サイドの一番のメリットです。

2つ目は投資家サイドの夢です。

いつの時代も投資家はIPO企業に夢を持っています。

何故なら、IPO企業の中で株価が暴騰する銘柄が多いからです。

特に、公開前に公募株を買い新規上場直後に売却することで効率よく利益を稼ぐことができます。

したがって、人気銘柄の公募株は申し込み殺到で抽選になり、数十倍から数百倍の倍率になることも珍しくはありません。

また、成長企業の場合は長く持ち続けることで企業の成長とともに、投資家は自身の財産を増やすこともできます。

そんな理由で、私は転職した電子カルテのソフト会社に密かに期待しているのです。

もともと、この会社は中小のクリニック向けに電子カルテのソフトを販売してきました、現在、大手電機メーカーと業務提携し共同開発で中規模~大規模病院の電子カルテソフトを開発中です。

また、歯科医師や眼科医向けに音声認識機能が付いた電子カルテも開発中です。

歯科医師や眼科医は診察中は両手がふさがっていますから電子カルテを操作できません。

したがって、音声認識機能が付いた電子カルテが必要なのです。

現在、私が転職した電子カルテのソフト会社の売り上げは年間で10億円ほどですが、3年~5年の中期計画では30億円を目指しています。

会社はこのタイミングでのIPOを考えているようで、既に、将来のIPOを見据えて数社の証券会社が出入りしています。

現在、この会社で私は営業を担当しています。

デモの要請があった病院やクリニックに出向きパソコンを使ったデモを行いソフトの導入を奨めるのが仕事で、ノートパソコン入りのカバンを持ち歩き全国を飛び回っています。

確かに以前のデスクワーク的な営業から足を使った営業は大変ですが、夜は全国各地の名産や地酒が飲めるので面白い仕事とも言えます。

今は数年後の自社のIPOを目指して頑張るしかありません。

また、仕事と同時並行的にIPOに限定した株式投資を再開しようと思っています。

今はお金もありませんしカードローンで資金を調達することもできませんので、ここ数年で地道に貯めた70万円を元手にIPOの公募株投資を始めるつもりです。

まずは、現在のIPO市場の状況を確認するところから始めるつもりです。

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 自己破産後の節約術