借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

自己破産後でも少ない資金で始められるIPO投資のポイント

      2016/11/20

前項で自己破産後に少ない資金で始められるビジネスについて書きましたが、本項では同様の考え方から株式投資の中では、最も少ない資金で始められるIPO投資についてお話しします。

9bf1be0e5a636e360eeb24b79569d47d_s

IPO投資はどのくらい儲かるのでしょうか?

まず、以下の2016年IPO銘柄一覧表をご覧下さい。

以下の2016年IPO銘柄一覧表は今年のIPO全銘柄のパフォーマンスを、本項のために独自に見やすくまとめたものです。最後の値上率は公募株を購入し上場初値で売却した場合のパフォーマンスを示しています。

例えば、7/15に上場したLINEの公募価格は3,300円で初値は4,900円でしたから、上昇率は+48.5%という結果でした。

つまり、 LINEの公募価格の抽選倍率は相当髙かった訳ですが、幸運にも公募株を購入できた投資家は資金が1.48倍に増えた訳ですね。

また、今年の最高パフォーマンスは4/19上場のグローバルウェイで、公募株に対して初値は何と4.73倍になっています。こんな銘柄の公募株が年に1度でもゲットできれば、相当な貯金ができますね。

2016年IPO銘柄一覧表

上場日   銘柄            公募価格  初値 値上率

11/1  1438 岐阜造園            1,150   1,191 (+3.6%)
11/1  3548 バロックジャパンリミテッド   2,000     1,900 (-5.0%)
10/27 6535 アイモバイル                         1,320     1,230 (-6.8%)
10/25 9142 九州旅客鉄道                         2,600     3,100 (+19.2%)
10/21 3966 ユーザベース                         2,510     2,908 (+15.9%)
10/17 7190 マーキュリアインベストメント  1,450     1,390 (-4.1%)
10/12 4189 KHネオケム                         1,380     1,306 (-5.4%)
10/7  3965 キャピタル・アセットP             2,000     4,600 (+130.0%)
9/30  3474 G-FACTORY                  3,240     5,000 (+54.3%)
9/29  3963 シンクロ・フード                    2,100      2,970 (+41.4%)
9/27  3961 シルバーエッグ・テクノロジー     900      2,622 (+191.3%)
9/27  3962 チェンジ                                1,200      2,999 (+149.9%)
9/26  3960 バリューデザイン                    2,040      4,315 (+111.5%)
9/16  3940 ノムラシステムコーポレーション  960      1,450 (+51.0%)
9/14  3547 串カツ田中                             3,900       4,425 (+13.5%)
9/14  3939 カナミックネットワーク           3,000       8,600 (+186.7%)
9/14  6533 デジタルアイデンティティ        1,540       2,900 (+88.3%)
9/2   6532 ベイカレント・コンサルティング2,100     1,963 (-6.5%)
8/31  3545 デファクトスタンダード           1,630      2,300 (+41.1%)
7/28  6531 リファインバース                    1,700       2,770 (+62.9%)
7/21  3469 デュアルタップ                       1,110       2,520 (+127.0%)
7/21  6200 インソース                              520         810 (+55.8%)
7/15  3938 LINE                                    3,300      4,900 (+48.5%)
7/1   6199 セラク                                   1,500      3,900 (+160.0%)
6/29  6197 ソラスト                               1,300      1,222 (-6.0%)
6/29  3543 コメダホールディングス          1,960      1,867 (-4.7%)
6/28  3542 ベガコーポレーション             1,600      2,000 (+25.0%)
6/27  6198 キャリア                               1,950      3,870 (+98.5%)
6/23  6193 バーチャレクス・コンサルティ 1,090      1,235 (+13.3%)
6/22  7187 ジェイリース                         3,100      4,170 (+34.5%)
6/21  3937 AWSホールディングス          2,490      8,350 (+235.3%)
6/21  6196 ストライク                           3,440      7,770 (+125.9%)
6/17  2820 やまみ                                 1,690       1,751 (+3.6%)
6/16  3541  農業総合研究所                   1,050       1,870 (+78.1%)
6/15  6194 アトラエ                             5,400     12,720 (+135.6%)
6/15  6195 ホープ                                1,400       3,220 (+130.0%)
4/21  3539 ジャパンミート                    1,010       1,040 (+3.0%)
4/19  3936 グローバルウェイ                 2,960      14,000 (+373.0%)
4/15  3935 エディア                             1,630      3,165 (+94.2%)
4/8   3504 丸八ホールディングス               680         757 (+11.3%)
4/5   6192 ハイアス・アンド・カンパニー   950      2,750 (+189.5%)
3/31  3922 PRTIMES                    1,340      2,130 (+59.0%)
3/31  6191 エボラブルアジア                 1,800       2,670 (+48.3%)
3/24  3538 ウイルプラスホールディング  1,880      1,729 (-8.0%)
3/24  3934 ベネフィットジャパン           1,980      3,310 (+67.2%)
3/22  3933 チエル                                  810      2,151 (+165.6%)
3/18  7185 ヒロセ通商                            830         830 (0.0%)
3/18  3467 アグレ都市デザイン             1,730      3,505 (+102.6%)
3/18  6189 グローバルグループ             2,000      3,200 (+60.0%)
3/18  6190 フェニックスバイオ             2,400      2,350 (-2.1%)
3/18  6237 イワキ                               2,000      2,050 (+2.5%)
3/18  9466 アイドママーケティングコ    1,440      1,230 (-14.6%)
3/17  3932 アカツキ                           1,930       1,775 (-8.0%)
3/16  3537 昭栄薬品                           1,350       2,001 (+48.2%)
3/15  6188 富士ソフトサービスビューロ   890       1,010 (+13.5%)
3/15  6615 ユー・エム・シー・エレク   3,000       2,480 (-17.3%)
3/15  7184 富山第一銀行                       470          500 (+6.4%)
3/14  6187 LITALICO                        1,000       1,880 (+88.0%)
3/11  1436 フィット                          1,890        1,741 (-7.9%)
3/9   2424 ブラス                              4,370        4,650 (+6.4%)
3/4   2884 ヨシムラ・フード・ホールデ   880         1,320 (+50.0%)
3/3   7811 中本パックス                     1,470         1,480 (+0.7%)
3/2   3931 バリューゴルフ                  1,280         3,215 (+151.2%)
2/24  3930 はてな                                800         3,025 (+278.1%)

上手にIPOの公募株をゲットするにはどうしたら良いのでしょうか?

それでは、上手にIPOの公募株をゲットするにはどんなポイントに気を付ければ良いのか、順番にご説明していきます。

まず、1つ目のポイントは公募株の引受株数の多い証券会社を選ぶことです。

通常の株式の売買はどこの証券会社を使っても条件は全く同じですが、IPOの公募株の場合は証券会社によって全く条件が違います。

企業が株式を取引所に上場するには幹事証券会社の手助けを受けます。幹事証券会社は企業に様々なアドバイスをしてくれますが、その見返りが公募株の引き受けなのです。

公募株は引き受けるだけでも証券会社には大きな引受手数料が入りますが、それ以外にも公募株を多く引き受ければ個人投資家に販売することができます。

その結果、新規顧客を作れますし顧客が公募株を売ればさらに手数料が入ります。したがって、公募株をゲットするには公募株の引受株数の多い証券会社に申込しなければなりません。

例えば、7/15に上場したLINEの主幹事証券会社は野村證券・三菱UFJモルガンスタンレー証券・ゴールドマンサックス証券・JPモルガン証券です。

また、上記に次ぐ幹事証券会社はみずほ証券・大和証券・マネックス証券・SBI証券・SMBC日興証券・東海東京証券です。したがって、上記の主幹事証券会社と幹事証券会社がLINEの公募株の引受株数が多いのです。

2つ目のポイントは公募株の抽選で完全平等抽選を行っている証券会社を選ぶことです。

公募株を抽選する場合に大手顧客や既存顧客を優先する証券会社が多く見受けられます。一方で完全平等抽選を貫いている証券会社もあります。

例えば、完全平等抽選を行っている証券会社は、マネックス証券・カブドットコム証券・楽天証券・GMOクリック証券・ライブスター証券などのネット証券会社です。

したがって、LINEの場合は上記の2つのポイントを兼ね備えているマネックス証券とSBI証券が狙い目の証券会社と言えます。

3つ目のポイントは上記のポイントを睨んであらかじめ複数の証券会社に口座を持っておくことです。

新規上場の詳細が決まってからでも狙い目証券会社に口座開設することもできますが、口座開設に1週間以上かかる証券会社もありますから要注意です。

以上の3つのポイントに気を付ければ公募株の抽選倍率が上がり、年に数銘柄の公募株をゲットするのも夢ではありません。

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 自己破産後の節約術