借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

個人再生、内緒にしたい同居の家族

   

c53aa7b5da99dca4902d7ae63adb0738_s

まず個人再生の仕組み

個人再生とは、多額の債務を背負ってしまい返済が困難になった時に、弁護士や専門家に依頼をして借金の減額と計画的な支払いを行うための法的な手続きです。

基本的な流れは、弁護士などの手続きの依頼をして、必要な書類と費用を揃えて裁判所に申立をします。その後、裁判所や債権者に手続きが認められたら、3年ほどを目安に毎月決められた金額を返済していく形になります。

自己破産と違い個人再生は持ち家などの財産を手放すことがないのが特徴です。そのほかにも、借金が減額される以外にも、金利や債権者からの取立てがなくなるといったメリットもあります。

仕事先や親類に知られたくないといった場合も個人再生であれば知られることはないので安心です。

個人再生をする際に提出する必要書類

個人再生の手続きには必要となる書類が数多くあります。全てのケースで必要になる書類は申立書、陳述書、財産目録、債権者一覧表、家計表です。

申立書は手続きをする人の連絡先など個人が特定するもの書類になります。陳述書は申立を行う人の仕事や債務の滞納状況、手続きに至った経緯などの周辺状況を知るものです。

財産目録は、現在所有している車や不動産などの財産状況を調べるための書類で、債権者一覧表はどこからいくら借り入れをしているかなどを確認するために必要な書類です。

そのほかにも、それぞれの案件に応じて必要な書類が増えていきます。書類の取得は、お住まいの市町村の役所、法務局、税務署とそれぞれ異なってくるので手続きには時間と手間が必要となるでしょう。

個人再生が同居家族に知られるパターン

cf982e9f71239bb9bf8151937b2224bf_s

家族に内緒で個人再生の手続きをしたいという人は少なくありません。しかし、任意整理に比べて個人再生は家族に知られてしまうリスクは高いといわれています。

その理由の一つは、必要な手続きによるものです。個人再生の場合は、裁判所に提出しなくてはいけない書類がたくさんあって、その中には夫や妻に協力をしてもらわなくてはいけない書類もあるからです。

一般的に個人再生の手続きが終了するまでは半年以上の期間を必要として、その間に家族で内緒で必要な書類を揃えたりしている間に不振に思われる可能性も考えられます。

そのほかにも、個人再生を行った場合、手続き後に国が管理を行っている官報といわれるものに名前が記載されます。この官報は誰にでも見ることはできますが、一般の人が目にする機会は少ないのでこちらでバレるリスクは少ないといえます。

同居家族がいる場合の個人再生がばれるかどうかの記事もありますので、参考にしてください。↓

個人再生は親と同居でもバレずにできるか

個人再生、会社や勤務先にバレる?

3c37af3d77d928de9d5dc325f49fcf9a_s

仕事をしている人は、手続きによって会社などの勤務先にバレるのではないかと心配する人もいるでしょう。基本的に個人再生の場合は勤務先にバレることはありません。

弁護士に手依頼した時点で、弁護士が全般的な手続きを行います。手続きに必要な裁判所から送られてくる郵便物は、全て弁護士宛に送られることになっていて、債権者が勤務先に電話をしないように事前に連絡もしてくれるので心配はいりません。

しかし、いくつかの例外もあります。個人再生を行うと、官報という国が管理している機関紙に名前が掲載されることになりますが、これは誰にでも閲覧が可能です。

一般人が官報を見ることは稀ですが、勤務先の会社が官報を定期的にチェックする企業だと、そこからバレるケースも考えられます。

そのほかに、会社に借金をしている場合はバレないようにするのは難しいでしょう。個人再生は全ての債務が対象になることで、勤務席に連絡が来るからです。

個人再生は家族の協力も必要、専門家に相談して

自己破産などの債務整理の場合は、裁判所に認められた時点で終わりですが、個人再生は裁判所に手続きが認められた時点で返済が始まります。

一般的に個人再生の支払いは3年程度ですが、収入などの状況によっては5年程掛かることもあるのです。毎月一定金額の支払いを、これだけの長い期間に渡って家族に内緒で行うのは難しいといえるでしょう。

個人再生は、破綻をする前にもう一度やり直すためのものであって、けして恥ずべきことではありません。自分一人で問題を抱え込むのではなく、家族に正直に説明して協力して乗り越えていきましょう。

専門的な知識を持っていない人が自分だけで手続きを進めるのは困難といえます。法律事務所などで専門としている弁護士に依頼をすることが大切です。

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 個人再生

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】