借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

とうとう2枚目のカードローン口座と住宅ローン

      2016/04/18

住宅ローン

20万円を突破したキャッシング額

私のカードローン残高は当初は20万円でした。そして、最初の半年間は毎月のリボ返済で減った残高を、直ぐに20万円までキャッシングする繰り返しでした。

毎月のリボ返済を数ヵ月続けると当然、20万円の元金から数万円減りますね。その減った元金からキャッシングして、また、元金を20万円に増やす訳です。

結局、利息だけを払っていることになりますが、当時は20万円が限度と考えて必死にそれ以上、増えないようにしていました。

只、元金が15万円とか17万円に減ると、キャッシングして20万円にしなければ損するような変な心理だったことを覚えています。

今から思うと意味の無い異常な行動ですが、当時は異常な心理状態の中で何とかカードローンを20万円以上に増やさない最後の努力だったのかもしれません。

ところが、翌年になりカードローン残高が20万円を突破すると、一気に限度額の100万円までキャッシングするのに時間は掛かりませんでした。

実は翌年、私は同僚の女性と結婚し中古のマンションを購入しました。

追い打ちのマンション購入

中古マンションは築5年で2,800万円でした。

私は貯金が全くありませんでしたが嫁が300万円と私の両親が100万円援助してくれたお蔭で、住宅ローンは2,400万円で済みました。

結局、当時の私のおおまかな資産と負債は以下の通りです。

負債
住宅ローン 2,400万円
自動車ローン 80万円
カードローン 100万円
資産
中古マンション 2,800万円
中古自動車 100万円
現金貯金 0円

※車は資産と言えるか微妙ですが、一応購入額で掲載

入社5年目の私の年収は600万円ほどでしたが事務職の嫁の年収が250万円ほどあり、何とかマンションと自動車ローンを支払いながら生活は成り立っていました。

勿論、カードローンの100万円は嫁は勿論、私の両親にも内緒にしていました。

只、振り返ると、中古マンションという大きな買い物をしたこの年に、カードローンのことを嫁に打ち明けて完済するべきでした。

この後の悲惨な結末から考えると、この時に打ち明けることは何でも無いことだったのかもしれません。しかし、現実の私の行動は全く逆の動きをしましたから驚きです。

2枚目のカードローン

その年の終わりに私は2枚目のカードローン口座を開設したのです。

大学の先輩に頼まれて作ったカードローンでしたが、キャッシングは限度額の100万円に達し身動きが取れなかったからです。

勿論、先輩に頼んで限度額を引き上げることもできましたが、見栄っ張りの私にはそんなこともできませんでした。2枚目のカードローン口座を開設するよりも、1枚目のカードローンの限度額を引き上げた方が毎月の返済額は少なかったのですが。

本来、人生の一大イベントである結婚と中古マンション購入を機に、カードローン残高をゼロにすべきでした。

ところが、何と私は方向性が真逆の2枚目のカードローン口座開設に走りました。この真逆の選択が後々の運命を決定つけたのかもしれませんね。この真逆の選択も全て私の見栄張りの性格がもたらしたものでした。

雪だるま式に増える借金 2枚目のカードローンも大手銀行のカードローン」へ続く

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 借金ができるまで

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】