借金返済ブログ

完済目指して奮闘したサラリーマンの奮闘回想録

借金に繋がるギャンブル依存症、治せるの?

   

77d118795364286ad35ec25ca2d2669b_s

パチンコがやめられない、ギャンブル依存症って病気?

ギャンブル依存症とは精神疾患の一つで、賭け事に異常に執着してしまう状態を言います。

パチンコや競輪競馬などにのめりこみ仕事や学業に支障が出たり、ギャンブルをするために借金を重ねるなど、実生活に多大なる被害を及ぼします。

ギャンブル依存症は病気で、「病的賭博」という診断名があります。まずは病気であることを認識するのが第一歩となります。意思が弱いから止められないのではなく、依存症と言う病気なのです。また、アルコール依存症やうつ病などの合併症を引き起こすこともあり、しっかりとした治療が大切になります。

ギャンブル依存症の治療は、精神科や心療内科を受診することで治療を行っていきます。中にはギャンブル依存症専門の病院もあるので、相談してみるのも手です。

ギャンブル依存症って治せるの?

ギャンブル依存症の治療では、行動や脳の仕組みを矯正することが目的となります。精神科や心療内科を受診して治療を行っていきますが、ここではうつ病やアルコール中毒などの合併症を起こしていた場合でも同時に治療を行うことができます。

ただし病院を選ぶときは、ギャンブル依存症に対してしっかりとした知識を持ったところを選ぶことが大切です。

ギャンブル依存症は根本的な治療が難しい病気です。これさえやっておけば安心、というような万能の治療方法は今の所ありません。一般的に取られるのは認知行動療法で、集団精神療法を取っている病院もあります。

またギャンブルから物理的に距離を置くため、入院したり、デイケアを利用したりする治療方法もあります。

ギャンブル依存症の人、借金が多い?

d264a3ccad4d669a44f1d3fb294f8c32_s

ギャンブル依存症患者の大半は借金を抱えています。むしろ抱えていない人は稀です。

通常ならば、借金ができるような状態になれば、もうギャンブルからは足を洗って生活を切り詰めようという考えになりますが、ギャンブル依存症になっているとそうは考えません。できた借金をギャンブルで返そうとして、また元手となるお金を借りてしまう。その繰り返しで、借金はどんどん膨らんでいくことになるのです。

ギャンブル依存症者の家族や親類、周囲の人たちの中に、借金を肩代わりしてしまう人がいます。親切心や義務感、一度身軽になって再出発してほしいという思いからそのような行動になるのですが、肩代わりは本人の危機感を薄れさせてしまい、大抵の場合は逆効果になります。

ギャンブル依存症と借金の関係

ギャンブル依存症による借金は多額になることが珍しくありません。生活が立ち行かなくなる前に、債務整理を行うのが大切です。自己破産や個人再生などの債務整理を行うと、一定の制限を加えられたうえで借金が免責になったり、返済額を大きく減らすことができます。

ギャンブルでできた借金は、債務整理によってなくしたり減らしたりできないという考えは、少し前まで主流でした。しかし病気であるという認識が広がったことで、治療を前提とするならば認められるようになってきました。

また、自己破産や個人再生は一定の期間「借金ができない」状態になります。ギャンブルが辞められなくてもお金を借りることができないので、過度のめりこむことを止めることができます。

ギャンブル依存症が治れば借金も解決する?

bcbd5eff8cbe74e416e50ef151f40008_s

ギャンブル依存症は特効薬のない病気です。長い時間をかけて精神療法を繰り返していく他ありません。また非常に再発しやすい病気でもあります。治ったように見えてもちょっとした気のゆるみでまたのめりこんでしまう、ということが少なくありません。

治らない病気ではありますが、克服することは不可能ではありません。大金を持ち歩かず、パチンコ屋や競馬場の近くを通らないようにするなど、日々の生活から気を付けていくことが不可欠です。

借金問題を解決するためにも、依存症の治療に真摯に取り組むことは欠かせません。特に債務整理を行った場合は、反省しもうギャンブルで借金は作らないという真摯な態度を見せることが、免責を認めてもらうためにも大切になります。

治し方の例などを下記ページにて紹介しています↓

ギャンブル依存症の治し方と対策

↓その他、借金返済を頑張ってる方のブログはこちらから↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金 ブログランキングへ

 - 債務整理全般

【無料】多重債務の相談はこちら【サンク法律事務所】